FC2ブログ

つれづれなるまま

血の道 母の巻Ⅱ

母の話のつづき

そう遠くないくらい昔の話です。


亡き夫(祖父)の実家を出て
幼い娘二人を連れて佐世保へと密航した祖母は
自分の姉妹を頼って行きましたが
そこに長く留まることも出来ず
アパートを借り、洋裁が出来たのでそれで生計を立てることにしました。

母が中学生卒業間際位のときに
当時、横須賀で商売をしていた叔父の所にアルバイトに行かされたそうです
九州から・・・横須賀まで・・・

叔父の商いは酒屋だったそうで免許があったか知りませんが
バイクで配達中にトラックと接触して歯を数本失いました
そのときから数本入れ歯です(ブリッジっていうのかな?)

そんなこんなでも?
祖母は超美人だったので再婚したそうです。

ロクデナシと(笑)

どのようにロクデナシだったのか母に聞くと
働かない系だそうでして・・・

速攻で離婚したそうですが
その時すでにお腹にロクデナシの子供を宿していたらしい
分かっていたうえで再婚した夫を追い出した祖母・・・

そして生まれたのが腹違いの弟であり末っ子となる進一(私からみたら叔父)

祖母はがむしゃらに働いたのでしょう。
それが祟ってしまい
母が横須賀にいる時に祖母は倒れ入院しました。

母(長女)がいなくて妹と弟はどうしたんだ?
母に聞くと祖母と一緒に入院したそうで
昔はそういうのがアリだったんだよと

なので子供たちは病院から小学校に行く妹が更に小さい弟を保育園に連れて行き
それから学校へ・・・帰りはその逆で病院に帰宅する生活。


まぁこれに近いことは経験ありますが
レベルが違います・・・息子が頻繁に入院していたので何でもない長女を一緒に入院させてもらったことがあるくらい
完全看護でなかったので、私が付き添いをしており
他に子供を頼める人がいなかったから何ですけど入院費用が高くて
そっちの方が体に悪かったです


それはさて置き
母が佐世保に帰り
祖母の様態が好転しないことを知り(リュウマチを発病)
決まっていた高校進学をあきらめ

一家の大黒柱になると決意した16歳

リュウマチで歩行できなくなった祖母
幼い妹と弟

16歳の少女に重くのしかかる責任
でもノーとは言えないし
やるしかない
責任感の強い母の気質は逃げるなどという発想はないだろうな~と


さて・・・30代で歩けなくなった祖母
抱える幼子
そんな祖母の支えになったのは宗教でした。

聖教新聞を愛読し
もともと教員で勉強好きだったので沢山本を読んでいました
外に出れないので

この頃はまだ洋裁の仕事はしていた
ミシンが踏める間は・・・



当時、求人情報誌などもない時代
(昭和30年代かな)
伊豆が観光地として注目され始め
新婚旅行客などをターゲットにホテルなどが出来始めた時期でした。

祖母、愛読の聖教新聞に静岡県下田市に出来るグランドホテルの求人広告が掲載されており
素直なのかなんなのか分からない母は祖母に言われるがまま
今で言う履歴書を送り、採用が決まりました

またもや・・・
単身、佐世保から横須賀よりも遠い異国の地?
下田市へ家族を養うため向うことになりました。

18歳か19歳か
そのくらい

ホテルの寮に入り
がむしゃらに働くことしか知らない母はそれこそ必死に働いたでしょう
そして最低限の生活費だけを抜いて
残りは全て佐世保に残した家族に送金していました。

想像してみた。

自分だってお洒落をしたい年頃だろう
しかし、自分には分からない世界だ
生きることで必死な人
それしか知らない人にとって何をどうして良いのか分からないだろうし
それよりも働くことで疲れてしまい
精神的なゆとりもないだろう

必死に働く自分の相手(お客様)は人生で一番幸せそうでキラキラしている新婚旅行や
一部のリッチな家族旅行を楽しむ人たち

自分はこちら側の人間なんだと
思ったのか思わなかったのか分かりませんが
自分はお洒落とは無縁の人生だと
何となくそう感じたのはないかと思う

意識か無意識かは分からん


ホテル勤めを始めて真面目な勤務態度が評価されたのか
社長からお金を借りることが出来たそうだ
佐世保から家族を呼び寄せるための費用
今だったら100万円くらいだろうか

下田に家を借りて祖母と兄弟を住ませ
学校に通わせ ずーーーっとずーーーとひたすら
家族のために働き続けた。


やがて妹は学校を卒業すると母と同じ職場に就職

そこで姉妹は2人の男性と出会うのでした。


一人は長身でスラっとしたハンサム
ホテルマンの身のこなしはスマートそのもの
黒服が良く似合う紳士

一人は背は低いが不良の香り漂う遊び人系
板前姿がカッコいい
才能溢れる裕次郎かぶれ


女子の運命やいかに!



たぶん続く





未分類 | コメント:2 |

渡海さんが好きだけどね

彼らが浅見でも北条でも構わない

サンクチュアリが少し見える気がする


神のご加護がありますように

私の子供たち
私の孫たち
私のひ孫たち
私の玄孫たちが

私の祖父母のように
私の両親のように
戦争によって命や大切な人の命が奪われないように

人間が殺しあうことのない
地上が楽園になる日を

そのために何ができるのか
何をしないほうが良いのか

そんなことを考えつつ出勤します


https://youtu.be/NUOkxHlGjU4





未分類 | コメント:0 |

私は三世。ここで断ち切りました



指宿コトが叫んでいる

かつて病人で貧乏だった強い女が叫んでいる

宗教は弱い善人には必要だってどこかに書いてあった



若者万歳!





未分類 | コメント:0 |

祝!

パシフィックリム2の公開が決まったし

久しぶりにイエローモンキーに逢えたし
まったくもって良い日だ!

次女がイエモン聞いて懐かしいと言っていたが
そりゃそうだ・・・

腹に入る前も
腹の中でも
産まれてからも

車で流れているのは爆音の吉井ヴォイスとイエモンサウンドだもん

だから君はサイキックNo9なのだよ(意味不明)




未分類 | コメント:0 |

I am



Night June 23
I threw a wave motion gun from the mouth.
A body has been soulless by the reaction.

It has not been missing perfectly yet, so I have returned to a body using backing.

The one you helped me to back up?
I was the wife in neighborhood who passed away at the front for some years.

Your husband for whom it was left, children and my grandchilds cooperate and are living.
Their last name, "god"

I was returned to Mr. Jin's wife.
That you still have to live.

Once I'm close to death.
Various things are being seen.
That you may say.
The thing you don't have to say
I think now, I'll train those.

The blood is hot.
The head is calm.
Beautifully
Flexibly

なーんてねw












未分類 | コメント:0 |

あ~嫌になっちゃった あ~驚いた♪

んがーーー!(心の叫び)

100円ショップで買った老眼鏡が見当たらない!
探すのが面倒だから何個も買ったのに・・・

ふぅ・・・
髪をかきあげると
そこに鎮座しているではござらんか!!!

もう嫌~~~

 でお馴染みの?一日の殆どを何か探しているか
探しながら何か別の物を落としている
注意力散漫が加速中の半ボケ老人でございます。



しかし何事もご主人さまには敵いませんで
もっと若い頃からご主人さまの症状は・・・
あ! いえいえ天才っぷりは凄まじいものが御座いまして

もはや会話にすらなっていない
我が家あるある
(脳内劇場スターット!)


夫 
うろうろ うろうろ きょろ きょろ


完全シカト



物をどかしたり扉をあけたりし始める


シカトしつつも イラっとする



ちらちらこちらを見始める


うんざりしながらも 無視



しびれを切らし
「あの~~~」



「あ”?」 仁義なき戦い参照


家電から自分の携帯を鳴らす
が!!! 場所の特定できず

上(2階)
下(1階)
風呂(の脱衣所)
外(車中)
トイレ

発信音の聞こえる方向だけ指示



無事スマホ確保




数時間後か翌日
ふりだしに戻ります

割れ鍋に綴じ蓋
ダメな場所が違っていればお互いにフォローできる

長所はどうでもいい
だって長所だもん

短所をどれだけカバーできるか
こっちの方が長年夫婦を続けるのに重要なんだろうなと思います

今の時点では


自分で分かる私の欠点(短所)

思いつくとすぐに動いてしまう
自分の中で完結してしまう
ものすごく飽きっぽい
実は過保護
睡眠中 悲鳴をあげて起きることがある(夫超迷惑)
物騒なことを考えてしまう
救急救命士に逆らう
思ったら言葉に出てしまう
車を運転中は低級霊もビックリするガラの悪さ炸裂(でも安全運転)
TPOを完全に無視した服装をする
恥のポイントがズレている
ものすごくお節介で煙たがられる
嫌われても気付かない
とてもしつこい
記憶が雑すぎ
時に凶暴(いつも?)
意地悪(可愛いといじめたくなる)
口より手より先に足が出てしまう
軟弱なボディが気にいらん
アレルギー体質
偏食
食べることを忘れる
最近は酒を飲むことも忘れた
タバコは覚えている(まだ)
非常に上から目線
世間の荒波を知らない
組織のシステムがよく分からない
歴史にうとい
好きなことしかやらない
面倒くさがり
だいたい適当(そもそもこの表現が適当)



何の話だっけ?


ぼちぼち仕事モードに切り替えるので
それでは皆様
ごきげんよう!









未分類 | コメント:0 |

血の道 母の巻

本当に人は興味のないものに関して
まったくの無頓着

それについて考えたこともないし
その存在にも気付かない

人は自分が見たいものを見ており
その自分が見ている世界が全てだと思う、思い込む

なーんていうとアレですが大体はそうじゃないでしょうか
もちろん?私も同じです。

ただ、あるときセレブ愛人に言われたのです。

「あなたはあなたのお母さんのことを嫌いと言うけれども
嫌いという感情が湧くならば、それは好きと同音異義語だよ」

言葉は優しいけど雷で打たれたような電流が体を走りました。
(雷に打たれたことねぇけど)

しかもそれは私がよく使うフレーズで
他者には言うですよ
偉そうに・・・
そりゃもう上から目線でw

で、考えてみた
たぶん、初めて母親の人生を真面目に考えてみたかも

どうでも良かったし
興味なかったので真剣に考えたことが無かった



以前、父親には「なんであいつ(母親)と結婚したんじゃ?」と尋問したことがあるので
そこは平等に?母親にも尋問というか流転してきた経緯を事情聴取することにした


母方の祖父母は共に奄美大島
祖父は10数人兄弟の長男 ボチボチエリート?
祖母は女系家族の長女(?)実家はサトウキビ農家 本人は教員やってました

出会って結婚しました
仕事の都合で台湾行きました

長女生まれました(これが私の母親)
長女2歳くらいで終戦になりました

台湾から引き上げました
長男生まれました
次女生まれました

祖父が亡くなりました(たしか病気・20代でしょう)

祖母は働かないと食べていけないので教員に復帰したいから子供をみて欲しいと
姑に頼むも断られ(それにも理由があるけど割愛)
こんちくしょう!と思った祖母は子供を連れて家を出ることを決意するも
長男を置いていけと家を出る条件にされ

泣く泣く長男を実家に残し
長女と次女を連れて姉妹のいる佐世保(たぶん)行こうとするが
今とはまったく違い

沖縄同様、奄美大島も本土として認められておらず
本土上陸には密航という手段しかなかった

それもストレートには行けないので隠岐の島を経由して
幼子二人を抱えての密航はどんな気持ちだったのだろうか・・・

体験していなくても
想像することは出来る


母親いわく
祖母は長男の嫁なのだから
祖父が亡くなったとしても、そこに居座ることは出来た
だけどその立場を自分が許せなかった

明治女の根性パネェ!

というか。。。
グランマ(そう呼べと命令されていたw)せめて子供が小さい間はおとなしくしていれば良いのに~~~

って思うんです
客観的には
しかし、私も家でじっとしているのが生に合わないというか
どの子も1歳で保育園に入れて働いてきました
1歳になるまではオンブして仕事してました


そういう血なのでしょうか


さて佐世保へ密航できた
母子の行方はいかに!


つづく(のか?)




おコト豆知識?

そう遠くもない過去
他は知らないけど奄美では農家に苗字はなく
いつだったか忘れたけど農家も苗字を名乗りなさーいとお達しがあり
でも農民だから? 使って良い漢字は一文字ねと言われたそうな

なので祖母の旧姓は堺(さかい)
きっとどこからかどこまでの堺だったのでしょう

先日、息子が帰省した際
突然 沖縄いってサトウキビ畑で働こうかと思うんだよね~と申しまして
なんでサトウキビ? と聞きましたら暇な時に甘いもの舐め放題だから
ですって。。。

舐めるんじゃなくて
噛まないとね

ま、お好きにどうぞ・・・







未分類 | コメント:0 |

私のスバルの行方 私のオリオンの行方

スバルの社名がかわった
何になったのか知らないけど(これから調べます)

子供の頃、スバルは仕入れ用の車だった
横転しそうなS字坂道をローで登っていくエンジン音が好きだった
がんばっているって感じがした

母親が駐車場でバックしたとき暗くて見えなくて
他の車に当たったがスバルはビクともしなかった
相手の車は凹んでたけど
もっと凹んだのは家計だろうが


私はもう一台の自家用車
ブルーメタリックのサニーの方が好きだったけど
なぜならクレイジー系芸術家
父がボンネットに蝶だったかのペイントを施したから
今で言う痛車だね

父が言う
「目立ってしょうがねぇや・・・」


口には出さんが
「当たりめぇだぜ 父様・・・
でも、私はあなたが好きだぜ!」

6歳頃の記憶
ニヤニヤしながら洗車している父の映像と共に
初夏の香りと共にファイルされている

関連して
塩素プール始まります

雨の匂い
かたつむりの匂い(これは夫が言う)
雨に濡れてキラキラ光る紫陽花などが出てくると
とまらなくなるので

今日はこの辺で









未分類 | コメント:0 |

お前はそんなに偉いのか?

小学校1年の終わりくらいだったと思います

国語の教科書に「竹取物語」がありました。
毎日、音読していると全文記憶したので
ある日、教科書を出さずに音読していると母親が驚いていましたが・・・

いやいや
もっと長い文字の羅列
日蓮宗のお経も長行は怪しいですが
短縮バージョンは暗記していたので
こんなことで驚くのは、こちらが驚きましたが
何だか知らんけど褒められました

小学校入学当時
そうとうボーーーっとしていた私は間違いなく問題児だったでしょう

ランドセル忘れる
学校で疲れたと家に電話して父親に迎えに来させて
勝手に家に帰ってしまう
(母親も学校も大騒ぎ)

起立 
礼 のシステムがわからん
あげたら数え切れません

これらの記憶は曖昧だったけど
当時の連絡帳を発見してしまい
(んなもん取っておくんじゃねぇよ!)

がびーーーん!
とショックを受けました(笑)

とにかく忘れ物が酷くて
母親もテンパっていたのでしょう
初めての小学校での私のダメダメっぷりに

そこで何を思ったのか母親は
買ったばかりの赤い筆箱に大きく油性マジックで

「忘れるな!」と書きました

ショックでしたね・・・

おかげで今も忘れることが出来ません
何もかも全部、記憶しています。
そういう障害なのかな
または特技なのかもしれません

まあ便利っちゃー便利です

そのくらい母親の言葉とは重いものです
その子の一生を左右するくらいね

その後
あまりにも頭にきたので
カッターで描かれた文字の部分を切り取りました

赤い皮にナイフの刃が入っていく感触を今も忘れませんwww
案外すぐにベニヤ板に辿り着きますよ
刃先がね

わりとすぐに
こんなのみっともないとか言って新しいのを買ってきた母親
だったら最初から消えるペンで書けっつーーーの!!

頭の悪い母親はこれだから困る
あー迷惑だ!

というわけで
私は自分が万が一、母親になったら
子供の所有物に勝手に名前以外の文字をかくのはやめようと心に誓うのでした。

小学校1年 7歳くらいのお話(笑)
未分類 | コメント:0 |

賛成の反対なのだ

子供のころに見た天才バカボン
すごいブラック過ぎてドン引きしましたが

そういう世界もあるんだろうなぁ
大人って怖い
わからないなとか不安な気持ちになったものです。

何をしても許されるなんて時代は狂っている
もっとも狂っているのは私かもしれないし
あなたかもしれない

さて・・・
どっちでしょう?

考えてみよう

思考の罠へようこそ笑


誰も攻めていないし
誰も否定せぬまま
突然、あなた今日で人間おしまいですよと宣告されたら?
明日も今日と同じ日が来ると信じて疑わない
脳内天国の方々
そりゃあ良かった
お幸せに

地球が無いと生きていけない人類同士
争っていたい方々 
そりゃあ良かった
お幸せに

天国と地獄は同じ場所
どこを見るかだけの違い

謙虚な巨人武田双雲さんも仰っておりましたが
私は明治生まれの祖母からそれを聞き
なーるほどと思いました

私たち婆に出来ることは
そこらへんの無礼な若造を叱ることかなとか?
ガラににもないことを考えてみたりみなかったり

ひっそりと?家族に迷惑かけないように遊んだり
真面目にお母さんとか婆ちゃんやっている
相当楽しいです

家事と育児は芸術なのです(笑)
だから専業主婦は芸術家ですwww

私は働いているので
まだまだアホです
仕事が好きだからいいんです^^

ハイホーな感じ♪

それではごきげんよう!


Pに幸あれ!
人生の教科書
しかも無料!!!

未分類 | コメント:0 |
BACK | HOME | NEXT