つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネバ。

人は生まれたら必ず死ぬ
んなこたー分かってるよ。

先日、学童の指導員と話していて
指導員がホスピスにお見舞いに行くらしい
・・・で、何て声をかけたらいいのかと聞かれた。

普通でいいんじゃないと答えると
普通が分からないと言う

別に死ぬことは悪いことじゃないし
ホスピスにいるってことは
自分が末期がんだって理解しているのだから
普通に友人、親戚に会いに行くのと同じでいいんだよ

この世で、その人だけが死ぬなら
かわいそうだけど、皆死ぬんだよ

ガンなんて死期が予測できて準備できてラッキーじゃん
しかもホスピスの空き待ちで普通の病院で
苦しみながら死ぬ人の方が多いんだからさ~

とか言ってみた。

指導員(年上)は、しずさんキッパリしてて気持ちいいねぇ~
気持ちが楽になったと言ったが・・・・・
それってよく言われるのだけど・・・・・

自力でそこまで行かないの?
誰かに、心が楽になることを言われないと楽になれないの?

誰も心が楽になることを言ってくれないと
鬱とかになっちゃうのかね?

死期が近い人=かわいそうな人
って決めてるから、かける言葉も無いのだろうが
そういう人は、もう少し超越したところにいるから(多分)

来てくれたことだけで十分、嬉しいと思う。
義務感だけで来る人も見抜くと思う。

そもそも
自分が何かできるかという傲慢な気持ちがあるのかな
または、何かせねばならないという脅迫観念があるのかな

理由は様々。

どうしようかと迷うような出来事と出会った時
自分の通信簿を渡されると思うがねぇ・・・・

誰かに意見を求めるのはカンニングだな(笑)

ま。。。
それもありか


人に聞くのは悪いことじゃないけど
うまく言えないや・・・・




未分類 | コメント:4 |
<<キャッチコピー | HOME | 時間の無駄!>>

この記事のコメント

今は私もしずさんの様な考え方ができますけどね~。
若い頃、親友のお父さんが癌であっという間に逝ってしまったんですが、やせ細ったおじさんをお見舞いに行って見るのは辛かったっす。
逆におじさんが気を使って冗談言ったりしてましたね!
「癌=不幸で可哀想なこと」という考えは多いんでしょうね。
魂レベルで物事を見れば、また違うんでしょうが…。
なんだろう、腫れものにさわるような感じですかね?
私もうまく言えませんが^^;

きっと、そいういう場面で本質が出るのかも。。。
2010-01-23 Sat 00:05 | URL | Mizuho #-[ 編集]
外見が痩せ衰えていたりするのを見た場合ね。
その場合も「外見に囚われないモノの見方」が出来るまでに、自分を訓練したらよいと思うよ。
モノよりもその中(性格、能力、才能・・・魂)を見る姿勢に、自分がなっておく。
2010-01-23 Sat 07:44 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
若い頃なら、「やせ細った叔父さんを見ている自分が可哀想」かもしれませんね。
食べられなくなって眠っている時間が多くなるのは臨終の準備が順調に進んでいるということですし^^
2010-01-23 Sat 08:52 | URL | しず #-[ 編集]
一年以上かけてゆっくり衰弱していく父に勉強させてもらってます。
2010-01-23 Sat 08:54 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。