つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

厄介だぜ。

本日は父を連れてホスピスへ初診察でした。

常に予約はいっぱいで、2ヶ月待ちました。
これで入所できるワケではなく、入所を待っている人達の最後尾に着くのです。
(痛みの度合いなどにより順番は変わる)

病院を退院してからの父の言動で、多くの?なものがありました。

ホスピスに入所できる条件は、
本人が告知を受けていること
余命が6ヶ月以内であること
本人が入所を希望していること

それらを告げて父も了承したはずだったのに
父の?行動はテーブルを広くした(大工仕事)
新たに椅子を購入したり

「な~んか、さっぱり良くならないんだよな~(体調が)」
とか、すっとぼけた事を言ったりする・・・・

妖しい・・・・
とは感じていました。

そして本日、ホスピスで診察を受けるに当たり
今までかかっていた病院の医師からカルテや病歴のデータを
もらって、父はそれを見て 余命の記入欄に
3ヶ月~6ヵ月の所に○がついていたので
それはどういう意味か?
とホスピスへ向かう車の中で聞いてきたのです。
驚きました。

「何度も言ったよね? ホスピスに入所する条件は
余命が6ヵ月以内だって!」

「うん・・・・」

「余命って何だと思っているの?」

「ホスピスに入れるまでの期間のことかな~・・・とか・・」

「はあ!? 余命っていうのはね、残された命ってこと
あなたの命はあと、3ヵ月~6ヵ月ですよって意味なんだよ」

「・・・・信じられないなぁ・・・あと2~3年は大丈夫かと思ってた・・・」

「そんなにありません!」

どどどどどどどんだけ能天気なんだーーーーーーー!!!

一年で4度も手術して、30キロ近くも体重が減って
おかしいと思わないんか!!!

ネガティブすぎて一回転して、アホがつくほどポジティブになったか!
凄い、ある意味 凄い・・・・。

医師と介護主任の問診や意思確認など一時間以上かかった。
ずーーーーっと言えなかった本当のことを本人に伝えたので
どこまで理解したかは不明だけど、少し肩の荷が下りたが
これからが本番なんだよね・・・・

私がキーパーソン(病院、患者の間に入る人)になってしまった・・・

患者の病状の真実を、本人にまったく伝えない(一番重要なことを)
今までの病院のやり方は最初から疑問だったが
父は人(家族)のいう事など聞かず医師の意見を絶対的に信頼するので
今まで時間がかかってしまったが
もう、効果的な治療は無いので、病院側は放置にかかっているように
感じられる。

まったく、厄介なジジイだぜ・・・・


未分類 | コメント:2 |
<<流行遅れ(笑) | HOME | はだてんは、つだいよ>>

この記事のコメント

爺いだし・・・

爺いならそれくらい普通だし・・・

2009-11-06 Fri 06:00 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
ふ・・・普通ですか~(@o@)
きゃ~
2009-11-06 Fri 18:00 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。