つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

その3

続き。


次の人生では再び魔女をしていました。


魔女の人生は現在考えられているようにおどろおどろしいものではなく、ハーブや生薬を使って怪我や病気の治療をしたり、
トリップをサポートしたりするシャーマン的存在なので、人々にとって非常に役に立っていました。

この人生はことのほか幸せであり、初めて人の中に居て、愛されることの尊さを知りました。

それまでの人生では秘密めいた環境にいたものですから、ハーブで人々の役にたち、大勢の人に大切にされ、尊敬され、愛される、という人生は、この魂にとってとても衝撃的でした。




お世話になっているセラピストさんが言うには
今生は、「誰かと共にいる人生」
目的は 今までの総決算、統合だと。

そうそう、私 人間が好きなんだよね
だから接客業してきたし、これからもずっと

悩んだり、迷ったりしている人間はとても可愛いと思う
バカにしているのでは無くて、なんというか・・・
人間らしくて 素敵。
まあ、自分も人間だけどさ

人間が、困難を乗り越えて、一生懸命生きる姿勢をとるときに
独特のオーラを出す、これがたまらなく美しい
メールでもそれは伝わってくるので
それを感じた時、自分もとても幸福な気持ちになる。



いづれにしろ、常に神とともにある人生だったのです。

地球に転生してくる前はオリオン辺りから来ています。

壮麗なる星の中でもやはり「星読み」であり、高い建物か何かの上から星を見ていました。

その時に地球の存在を知り、いつか行ってみたいと思って地球に転生してきました。




ええええええええ!!!!
オリオン!

魔道の星オリオン(笑)

夫がオリオンでの過去があることは知っていたが
(銀への執着もそこから来ている)

自分がそうだとは、思いもしませんでしたよー
灯台元暗し・・・

オリオンの過去を持つ人は、影がある
あと、いつも心の奥底で「殺される」と思っている
まあ、私の勝手な判断ですが

オリオンから逃れるために集団自殺により地球に集団転生したのが
シュメール人と、フェニキア人(霊的~によれば^^)

う~~~むむむ・・・・



地球に転生してからの輪廻の回数はとても多く長きに渡り、すでにオリオンでの人生をしのぐほどの長い地球人歴を誇っています。

今回の人生がもしかしたら地球人としては最後になるかもしれません。

魂は今後の地球の行方によってこの地に残るか、よその星へ行くかを決定するでしょう。






うん。
もう地球はいいよ・・・・
大変だもん(笑)

というのは冗談ですが、まだ続きます・・・

未分類 | コメント:0 |
<<kanchamaのリーディング 最終編 | HOME | 次女との会話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。