つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

暴言かなぁ・・・?

限定された生を生きることに、価値はあまり感じません。
と・・・・突然、何を?

例えば若くして、癌などの病気によって死んでいくことなどのこと
命に期限がつくと、そこからの日々は、その方にとっても貴重なものとなるでしょう

愛する夫。。。はいいとしても、幼子を残りして死ぬのは身を切られる思いでしょう
私も3人の子供の母親なので(一応)その辺の感情は麻痺してないはず?
独身の方、又は学生の方なども、それぞれの絶望と向き合うでしょう

私が言いたいのは、病気などで自分の余命が分かった人が
自分の残りの人生を真剣に考え、出来る限りのことをする・・・・
ってのを特別視するのは、変だよ と思うのです。

早く亡くなるのは悲劇なの?

病気じゃなくても、若くても人は死ぬことはある

命の期限を知らされて
絶望を希望に変えれる精神力を得るのは
突然、交通事故などで亡くなるより
よっぽどいい。
(それはそれで意味があることだけど)

老人になって、動けなくなってから何一つ自力で出来なくなって人の世話になり何年も生きているより
よっぽどいいが

人間は、何でも順位をつけるのが好きだ。
実際、そんなの自分の知っている情報などと比較できるだけ


あなたは、自分が、もう助からない病気ならば
余命を知りたいですか?


私、夫、兄、兄嫁の意見は同じ。

「知りたい!」

です。
なぜなら、自分のことを自分が知らずにどうする?
生きているうち、動けるうちにやりたいこと
主に身辺整理ですが、やっておきたいことする時間が欲しいから
期限が迫っていても、自分の人生は自分で選択したいからです。
まあ。 分かったとしても普通に暮らすだけでしょうが・・・

しかし、私達と同意見と思っていた母(姑)が
自分は、もう助からないと分かっているなら
知りたくない・・・・・・・

と申しました。

驚いたのですが
これは年齢によるものなのかもしれません。

例えば、私は10代の頃は自殺願望がありました
大人になって、親になって、いろいろあって
自殺しなくても、人はいずれ死ぬ。
産まれる選択も、死ぬ選択も出来ないのなら
生かされていると考え(本当は自分で選択しているが、この時点ではそう思った)
与えられた人生をちゃんと生きようと思いました。

それから20年弱
全ては自分で望んで設定して産まれてきていることを知り
今度は、アホな私が産まれる前に、どんなシナリオを書いて
私を産まれさせたのか?
を体験するのが楽しくなりました。

若いときは、いつ死んでもいい!
と考えてましたが
親になると、う~~~ん・・・・・今は死ねないな・・・・
となりましたが、もう乳飲み子はいないので
いつでもOKです。
でも、私が居なくなったら残された人が大変だろうな~と思いますが
それもそのうち、慣れるでしょう

こういう感じで歳をとると、段々と死が怖くなるのかもしれません

私達(夫や兄、兄嫁)は40代です。
今の自分たちはそう、言えるけど
70歳になった時に、同じように思えるか?
それは分かりません。

若いうちに病気などで亡くなる方は
普通の人間が80年以上かかって学ぶことを
短期間で学び あちらへ帰る優等生なのでは?
と思ってしまいます。

私の考え方は非常に偏っていて変だと思いますし
理解されようとも思いません。

私は私のブログにて自分の感じることを表現しているだけ。


病気でも健康でも自分の人生を真剣にとらえ
限りある肉体を持った生活を一生懸命生きるのが大事であって

若いから病気などによって早く亡くなるのが悲劇と
とらえる感じが嫌いです。






未分類 | コメント:2 |
<<食育は大事だよ~(多分) | HOME | 思うこと考えることの現実化進む>>

この記事のコメント

その通りだと思う。
2009-09-15 Tue 06:28 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
前から書こうと思ってはやめていたネタだったので・・・
2009-09-15 Tue 15:47 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。