つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

癌な人

夫の父の何でも悪い方へ考えるっぷりは本当に凄いです
よくぞそこまで悪く捕らえられるな~と変に関心してしまいます。

夫がサラリーマンをやめたことは面倒だから父には言いませんでしたが
伸ばしっぱなしの髪と髭でナントナ~ク察したみたいです
以前の父だったら、サラリーマンをやめたなどと知ったら怒り狂うでしょうが
もう、そこまでの気力はありません。

「子供もいて責任があるのに何を考えているんだ!!!
社会を舐めるんじゃない! 世の中は厳しいんだ!!!」って(笑)

昨年から入退院を繰り返している父ですが
私が病院へ行くと、病院は駐車場が無いので近くのコインパーキングに止めます
その金額を心配しているのですよ!


「TJ(息子)があんなだからお前も大変だろう・・・」と
私にお金を渡そうとするので、いらないよ~と断るのですが
(30分100円とかですよ・・・)
退院した時に、母に1万円を渡し、これをしずに渡してくれと頼んだのです・・・
年金暮らしの病人に情けを掛けられるほど貧乏じゃないっつ~の(笑)

変だな~と思ってましたが
父がこんなに入院する前は、月に一度くらい兄と夫で父のアパートに
顔出しに行ってました。

その時に、夫が「三ヶ月分の生活費を前もって妻に渡してある」と言ったそうですが
それを父は「TJが三ヶ月遅れて、ようやく生活費を妻に渡した」と解釈していて
父は母に、「TJがロクに仕事もしてないんだろうから、しずが苦労している」と言い
それを母が私に言うといった感じなのですが万事がこの超ネガ解釈なんですよ

また夫は父のところに行くのに気を使わないので
普段の格好のまま行くと、銀粉まみれで仕事しているので
白いシャツはグレーになっていくのです 洗濯しても落ちません
だから薄汚れた感じ(そんなの着て行かなきゃいいのにね)

やめなよ~と言っても「これは銀なんだ!」と・・・・(アフォ)

ズボンも鋳造の時に火の粉が飛ぶので穴が開いてしまいます
新しく買ってもすぐに穴が開きます
冬はツナギを着ますが夏は暑いので着ません

社会不適合者的な容姿が好きなので髪も髭も伸ばしてます

それらを父はお金が無いから服を買えないと解釈するのです。


年端もいかない息子を北海道に追いやるのは
私達が息子のことを憎んでいるからだと本気で思ってます。

そして父は息子のことを「普通じゃないんだから」と言います
用は障害があるんだからという意味です。
確かにボーダーだとは思います

ハンパなくモノ覚えが悪く、尋常じゃないくらい要領が悪いですが
何度も繰り返せば、そのうち覚えます普通の人の100倍くらい時間がかかりますが

本当に障害を持っているならば
100倍時間をかけても、覚えないのでは?

普通高校を卒業出来ないのでは?(ドンジリだろうが)
車の免許も取れないのでは?(10回落ちても)

障害があるからと親が子供を甘やかし
障害者として扱い、親が面倒を見る

これが父が望む私達の息子に対する態度です。

では。
私達が死んだらどうするのでしょう
自分はとっくにいないでしょうから責任は取れません

私達は息子を健常者だと思い込みたいわけではありません
人より時間がかかるが出来ないわけでは無いのです。
障害者であると判断したなら、また別の方法を考えるだけです

10年後の息子が何とか自分で自分のことをしながら
お金を稼げるようになっていることを一応目的としている
私達のプロジェクト(笑)の一部だけを見て怒り狂い
脳出血・・・・・・・・・・・・・・・・・
4度目の手術・・・・・・・・・・・・・
腫瘍マーカーが一気に上がる・・・・
(手術のために抗癌剤を一時休止しているのもあるが)

私達は何も聞いていないけど
父は私達と縁を切ったらしいです(笑)

今回の入院で、いつ息子のことを聞いてくるかな~と
思ってましたが、それを聞くのも癪に障るみたいで
聞くのを我慢してましたが、ついに耐えられなくなって

「元気はどうした」と聞いてきたので
「北海道からはとっくに帰ってきて今は前に行ってた農園に行っている」
と伝えると、心から嬉しそうな顔をして安心してました。

父には一日半で北海道の牧場をクビになったことは
伝えていませんでした(そっちの方がショックだし)
一ヶ月くらいして言おうと思っていたので丁度良かったです。

寝たきり生活ですっかり歩けなくなった父はリハビリが
始まりました。

歩けるようになったら退院するでしょうが
今まで通りというわけにはいかないでしょう。

今後も無駄な治療を続けて身体にメスを入れるか
緩和ケアを選ぶかを選択させる時期は近いでしょう

兄夫婦は初めから、癌を告知して余命を知らせるべきだという意見でした。
私たちや母はこれから手術をするという時に知らせるべきでは無いと
判断しました。 父のことを考えれば余命なんて宣告されたら
切れて母を襲撃しかねないからです。

その時は少しづつ弱ってきてからでも遅くないだろうということになりました。

父は病院の先生を信じきってます。
病院は告知はしない(余命を宣告しない)
癌であってもそれは末期だとは伝えないやり方なのです。

先日、兄が父は自分で気づいているけど
聞きたくないんだよ。 と言いました

誰だって一年も経たない間に4度も手術して
その度に弱ってたら、自分の身体はどうなっているのだろうと疑問に思うはず
しかし父は一度も、「俺の身体はどうなんだ?」と聞いてきたことがありません

それを考えれば、薄々知ってはいるが、リアルに聞くだけの勇気は無いと
判断できるでしょう。
聞きたいけど怖くて聞けないのでは無いか
だったら最後まで知らぬ存ぜぬを貫くか?
するとホスピスなどには入れない(ホスピスは自分の意志で入所する)
となると最後まで無駄な治療を続けながら弱っていき
病院で死ぬ

ということになる。

父はどうしたいのだろうか?
と聞くことは、自分はもう助からないということを知ることになる。
聞きたくない真実を聞くことになる。

結局、様態は生ものなので 状況はその場その場で変化する
言えそうなタイミングがあったら(父がそれとなく聞いてきたら)
私か夫、兄か兄嫁の誰かが言うということになった。

たぶん兄嫁だろうなぁ・・・・・・・・

父は小さい頃から夫をとてもエコヒイキしていて
兄を仕方なの無いヤツだと思っていて
そんな父を兄は苦手としていましたが
今回の息子の一件で夫のことが大嫌いになり
私達の文句を言える人が兄夫婦しかいないので
父とよく会話するようになりました。

お気に入りだった夫が嫌いな人ランキングの最下位になったので
兄が繰り上がったのです。
父は自分の言うことを、そうだね~そうだね~と聞いてくれる人が
大好きです。

俺の言うこと聞いていれば間違いない!
なのです。

可愛い可愛い孫(息子)も障害者にしとけば間違いないらしいです

兄と夫がまともに育ったのが不思議です
母と妻のおかげでしょうかね(笑)



未分類 | コメント:4 |
<<野菜が高いので | HOME | 母みたいな人生は嫌じゃ!>>

この記事のコメント

臭え・・・
2009-08-20 Thu 20:21 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
超面倒くせぇ 
ですが・・・

子供が小さい時、息子が入院しまくった時
会社を倒産させる前、なんだかんだと世話になったので
受けた分の恩恵は返したいと思い
父にとってのベストを探しています
ベストなんて無いのでしょうけど・・・

皆、なんだかんだ言っても父のことを愛しているのです
2009-08-20 Thu 21:06 | URL | しず #-[ 編集]
どんだけ~。破滅的やなぁ、、、。
高校卒業してて障害児て。
2009-08-21 Fri 14:43 | URL | kanchama #.//Hucbg[ 編集]
でしょ・・・
確かにハンパ無いアフォだけどさ
2009-08-21 Fri 16:43 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。