つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今更だけど・・・

大体、お上の決めることは変だが
それにしても変・・・・・

定額給付金

動機も変だし
基準も変

でも 通っちゃう・・・・・・

それも変。

まあ、決まったことだから
自分で撤回することも出来ない。

手続きなんか
してしまう・・・・・・・

夏の旅行のタシにすっか・・・・・
とか思って。

お客さんが言うには
今年無くなった姑(二月の時点で生きていた)の
給付金は出るんだって

そのお客さんは70歳くらいで会社社長夫人なので?
自分は(定額給付金は)いらないと
その旨、そういう場合はどうしたら良いのかと
市役所に聞いたらしいが

それはそれで、いる、いらないの意志の確認作業に
またもや莫大な資金(人件費)が掛かるので
やってないそうだ。

で・・・・
先日、産まれた妹の子(六月生まれ)は
給付金の対象にならない。

死んだ人には出て
生まれた子には出ない

元々矛盾だらけの判断で決行したものは
結果、矛盾しか生まない。

確かにどこかで線引きをしなくてはいけないと
いうことはあると思うが・・・・・・・・・・・・・

では2月の時点で妊娠している人は
子どもの分も認めるというのも
医師の診断書が必要とか
じゃあ流産した場合は?
とか
もっと面倒だ

そうかもしれないが

やはり変だと思う。



未分類 | コメント:0 |
<<食費 | HOME | 引き寄せ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。