つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怒りと腹痛な悟り

性懲りも無く、夫に怒りを感じていた。

離婚しようと思った・・・・・

今、チャネリングの練習をしていて
先生とのメールのやり取りの中で
ちょっと、そのことを書いた。

するとメカラウロコな悟りが・・・・・

なんとなく分かっているようなことでも
整理されたシンプルな言葉で貫かれると

おおお!
とメカラウロコ状態になる。

私が数日抱えていた怒りは
勿論夫に対して発生したものではあるが
突き詰めると、自分の中に矛盾する二つの考えがあったからだと
いうことが分かった。

同時期に「迷える霊との対話」を読んでいて
「人のために生きる、黄金率」という言葉が数回出てくる

夫も他人だと思えば
夫のために生きる、尽くすことも
それに値するのかな
・・・・と考えた。
(私って本当に菩薩のようだわ~自画自賛?)

ってことは、私の怒りの材料は
自己内にある矛盾と我かね・・・・・・。

昨日、そんなことを考えていた。
しかし、怒りというものを持っているのは本当に疲れる
怒っていること事態よりも
それを自分の中にキープしていることに嫌気がさしてきた
なので怒りを転換できる思考は無いかと考えていて
今、読んでいた本を参考にしてみた。

昨晩、眠っていた深夜・・・・・
突然、猛烈におなかが痛くなり
フラフラしながらトイレへ・・・・・

激痛に苦しむこと15分くらい(もっと長く感じたが)
あまりの痛さに吐き気もしてきたが
出るものが出たらスッキリして
また寝た。

何だったんだ?
と思ったが、物理的に怒りを手放したのだろうね

怒りは本当に身体に毒だね
土曜の夜から昨日の夜まで二日間しか怒ってないのに
あの激痛。

ずっと怒っていたら死ぬね
間違いない・・・・・・


メカラウロコな悟りとは・・・・
知りたい人はメールください(笑)

未分類 | コメント:0 |
<<地上時代の信仰から脱げ切れずにいる霊(キリスト教の場合) | HOME | 昨日の続き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。