つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

押忍。

次女の通う空手道場の館長の話は
いつも極論ですが、私は好きです。

館長が子供達によく言ってることの一つ


みんなが(現在小学生)生きる時代は大変な時代です
半分の人は職を失い路頭に迷うか、仕事を求めて海外に行きます

そこらへんにはホームレスとなった人がウヨウヨいるでしょう

一方、自分の怠け心に負けないで頑張ってきた人が残ります
先生はずっと言ってきました
ゆとり教育が実施されるのを反対しました

子どもにゆとりなんていらないんです!

自分の好きな仕事をしたい?
馬鹿か!

お父さん、お母さんが「楽しい~~」「楽ちん~~」と感じて仕事をしているか?

お金を稼ぐということは、少なからずとも辛い思いをして
我慢をして稼いでいるのだから

お金を稼ぐということは辛いこと、嫌なことに向き合うこと。

ゆとり教育はクソくらえです。

空手がうまくなっても何の得もありません
しかし、殴られたり蹴られたら誰でも痛いし怖いです
でも、その恐怖心を克服して前に出る力の訓練としての方法の一つに空手があります。


自分は武道、ボクシングなどをやっているからといって
こぶしを封印するのは間違いです

自分から仕掛けたり、喧嘩を売ってはいけませんが
いざ、という時のための空手なので、自分の身を守るため
大切な人を守るためには、使いましょう

武道をしているからというヘンなプライドは無駄です
死んだら負けです、死んだ人に人権はありません
殺した人には人権があります。

死んだら負けなので、皆さん死なないようにしてください。

車は人を轢きに来ると思ってください。
職の無い人が溢れてくると、食べることも出来ない人が沢山出てきます

そういう人たちは犯罪者になって刑務所に入ればご飯が食べられると
考えます。

車が来て、車がよけてくれると思ったら大間違いです
通学中の小学生の列に車が突っ込みますね

車は、あなた達を常に轢こうとしていると思ってください。
みんなは死なないように、気をつけてください。


こういった話を空手に通う小学生は正座して聞いています

空手の返事は「押忍」しかありません
はい、いいえは無くて、全て返事は、辛い気持ちは押して忍。

ようは忍耐力です。

極論ですが、結構スキです^^
未分類 | コメント:0 |
<<アイコ | HOME | カッコよく。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。