つれづれなるまま

家見

昔、家見という制度?を知らなくて「なにそれ?」と意味を知って
旧家へ嫁ぐとそんなクソ面倒なことがあるのかとビックリしたものだ。

我が家は新築して一年半ほど経つのだが、母の姉から新築祝いだけいただいて招待をしていなかった。別に嫌だとかでは無くて私も基本的には火曜日しか休みがないので母の都合や叔母の都合や体調などのタイミングが合わずにずるずると・・・まあそんな感じで昨日、ようやく我が家にお招きすることができました。

しかし、何度書いている通り自分達のご飯の支度もできない状態なので近所の居酒屋さんを予約して家をサラッと見てから皆で居酒屋に移動して宴会ということになりました(母のおごり)

我が家に指でなぞるような障子のさんは無いし
ペロっとめくって下の埃をチェックされるような絨毯も無いが
家庭訪問が終わってすっかり日常的にゴチャゴチャしてきた我が家の掃除を朝からせっせとしたんだよ~
玄関のタイルもデッキブラシでゴシゴシ・・・・
溜まったダンボールやアルミ缶をリサイクルに持っていったり

まあ人様に見せてもいいくらいにはなったが、あっというまに元に戻るんだけどね。

宴会は楽しく家族全員、母、叔母、あと渋・・・・。
夫に「何、お前 家の扶養家族になってんだよ!」って突っ込まれてました(笑)まあ広い意味で家族みたいなもんですわ

渋はいつも我が家に入って来るとき
「お邪魔します」と言うのだが、決まって夫は
「何しにきた!」と答えます。

だから渋にそういう時は「パパに会いにきたと言え」と教えてからは
夫に「何しに来た」と言われると
「パパさんに会いにきました。」と答えている
素直な奴だ。

二時間ほど飲んだり食べたり喋ったりして
母と叔母は帰って行った。
母はご機嫌で月に一度はこういう席を設けようと決めていた。
晩御飯の支度をしなくていいわ母のゴチだわ
私にとっては願ったり叶ったりだわさ~

上機嫌な母と叔母は子供達にお小遣いをばら撒いていた(笑)

母と叔母が帰った後はお小遣いを貰えなかった夫が(笑)子供達の懐を狙って「賭けドンジャラ大会」を提案した。 渋がいるから私はパソってられるがいないと私が参加しないと4人にならないので助かる。

結果、誰が勝ったのかは知らんがこんなことをしながらTJ家の夜は更けてゆくのだった。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キリバン | HOME | みなみちゃんの愛>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |