つれづれなるまま

虚弱

3週間ほど前に近場出店した時のことを書いていたのに(途中まで)
無くなってしまい ショックで「もういいや・・・」と諦めておりました。

しかーし!
最近、本当に物忘れが酷くて
自分があった「酷い目」を忘れないためにも
やはり記事にしておこう!と思いなおす


それはそれは暑い日
近場だったので夫は早朝に出発し
私は仕事と家事をしてから夕方くらいに
電車とバスで現地入りしました。

いつものことですがバタバタして
その日もまともなモノは食べていなかった
(そもそもソレがダメなんだよ!)

バス停から河川敷の会場まで汗だくで歩き
合流すると
ちょうど夫がカップ焼きそばにお湯を注いでいるところだった。

ただでさえ暑い野外
お湯を沸かすだけでも暑いけど
カップ麺なら、せめてお湯がきってある焼きそばくらいなら
食べれそうと思ったのだろう・・・

しかし
無念にも・・・いや、店としてはありがたいことだけど
その直後から続々とお客さまが来て
焼きそばは湯きりをすることなく
数十分?放置されることになり

わずかの空き時間で湯きりするも
食べる時間はなく

お客さまが引けた時には「元やきそば的な何か」に変身してました。
食べましたけどね(二人でちょっとだけ)

バタバタと時間が過ぎて
流石におなかすいたな~と思い
飲食ブースを物色しに行くも
出店数自体が少ないので飲食店舗も少ない・・・

う~~~~~ん
どれも食べたいと思えなくて
一周するけど・・・

そんな中、鶏のから揚げを見つけたので
これならつまめるしいいかなと思って買いました(4個入り)

これくらいしか
食べようと思えるものが無かったよ~とかいいつつ
夫と食べました。

食べた瞬間
あまりの脂っこさに「ウゲッ!」と・・・

まったく油がきれてなーい
うえに・・・何だか臭い・・・

でも、ま・・・何も食べないよりマシかと




その後もお客さまや友人知人などが来店し
気づけば深夜・・・

店を閉めて
そこそこ飲んだくれ
出店テント内にテントを建てて寝たわけです

暑かったので
テント内は銀マット
寝袋を敷いてGパンを脱いでパンツ一丁で何もかけずに寝ました



深夜・・・
というか明け方

尋常でない腹痛に襲われ
「は・・・ががががぁぁぁぁあああ」

寝ぼけた頭で「腹が冷えたのか?」と思いましたが
何もかけなくても寒くないのに腹だけ冷えるか!と
考えつつ悶えておりました・・・


また無くなると嫌なので
ここまででアップ!









未分類 | コメント:0 |
<<虚弱2 | HOME | 自画自賛?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |