つれづれなるまま

出店虎の穴2

月曜の夜、20時くらいに現地到着。
出店用のテント設営開始

今回は地元本庄の、とても親切なKさんとIさん(どっちも見た目はいかついオッサン)が
来てくれて(出店業者でもないのに・逆にどうやって会場入りしたのか?)
テント設営を手伝ってくれました(ありがたやーーー)

出店用テントは6m×3mもあるので
設営が大変なのです・・・
運動会とかで見るようなヤツです
それに前後左右カバーが出来る的なの

と言っても夫が一人出店の時は一人で設営するのです
(過酷)
何が辛いって「風」があると大変なんです。
野外出店で1番怖いのは「風」
「雨」も困りますが「風」の方が恐怖です
(もちろん両方は・・・最悪)

テントは最初に屋根部分の骨組みをしてから
屋根カバーをかけ、そこから縦の高さを形成してゆきます
最初の時点で天井部分の骨組みに
ライトをつけてゆくのですけど
(設営してしまうと手が届かなくなるので)

前回の出店で電球が2個
破損したってことで新品を購入し
設営の時に電球を交換
それは力仕事ではないので
夫が、それを私にやってくれと言いまして

はいはい~と。

とても寒かったので私は手袋をしていたのです・・・
新品電球が入っている箱を開けて
発砲スチロールにサンドされた電球を取り出すのに苦労しまして
(透明のビニールテープで巻かれていた)

暗いし見えない
手袋している(この時点でアフォですけど)
あー取れないな
手袋を外してやって
ようやくビニールテープが外れ
発砲スチロールが開いた瞬間・・・・・・・・・・・
(この時点で鋏を使うことは思いついていない)

無残にも新品電球は
アスファルトに落ちて割れてしまいました。

ああああああああああああああああ!

や・・・やってもうた!
即座に夫に謝りましたが
夫からは「お前!新品だぞ!」と
責められ
その後も数回・・・
その件に対してネチネチ言われました

100%私が悪いので
謝るしかありません・・・。

私は慎重に新しい電球を箱から出して
テープを鋏で切り
そぉっと電球を出して
取り付けました。

照明用ライトは電球に針金のような網状のカバーが付いてます
(割れないように)
でも、その電球にはカバーが無い
(失くしたか壊れたか)
だから、その電球だけむき出し状態のまま

本庄のクソ寒い夜はふけてゆくのでした。


未分類 | コメント:0 |
<<出店虎の穴3 | HOME | 自営業虎の穴?1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |