つれづれなるまま

鬱々いいすぎ

鬱々していても
日は昇り暮れてゆき、明日が来る

鬱々としていても生活しているので
家事や仕事はやらねばならぬ(当然だけど)

無理やり身体を動かす
でも、今となってはそれが良かったんだと思える
何もすることがなければ、もっと悪化していたかもしれない
(あー金持ちじゃなくて良かったよ!)

しかし鬱々していることに変わりは無いので
日々、自分の傍にいる人がドヨーンとした顔をしていたら
そりゃ嫌だよね・・・
(しかも数ヶ月に渡り)

夫に切れられることしばしば
見切られそうになることしばしば

しかし「やる気」というのは自分の内側からしか湧き出て来ない
(私の場合)
無い袖は振れねぇんだ。

粉々になった自分の欠片の1つ1つが
じーーーーっとしている、動かない。
でもよーく観察すると少しだけ動いている

微かに。
その微かな動きがほかの欠片に移ってゆき
少しづつ回転を始めた(ような気がする)

その回転に
もともと持っているキチガイ要素はなるべく入れないようにしながら
入れないっていうか(キチガイな自分も自分を構成している要素の1つだ)
小さくして無害化(当社比)出来たかな
まだ分からない。


未分類 | コメント:0 |
<< | HOME | 45歳の夜>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |