つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

最近の若い人って誰?

「最近の若い人は賞味期限を気にして
腐っていなく食べられるものも捨ててしまう」

っつーことを母がお客さんとの会話で言います。

お客さんも頷き
「そうよねぇ~だからウチでは賞味期限切れのは私が食べるのよ~」

「私たちは食料難を体験しているから
食べ物を粗末に出来ないのよね~」
(2人とも70代)

と続く
いつもは「また意味わからんこと言っているわ・・・」と流すのですけど
何だか突っ込み所満載すぎてねぇ
というか、これって「最近の若い人」って引き合いに出しているけど
この言葉の裏には「自分たちはちゃんとやっている(食べ物を粗末にしない)」
んで「最近の若者」の「価値観」を非難している(間接的に文句を言っている)


そもそも「最近の若い人」って誰のことだよ?
誰を指しているんだ?
同居している嫁か?

ババアだってジジイだって
スーパーで奥の方から牛乳引っ張り出しているヤツいるだろう

亡き舅、賞味期限命で腐ってなくてもボンボン捨てていただろう
戦後の食料難を経験しているのにだ。

私が知る限りだけど
賞味期限切れてて腐ってなくても平気で捨てていたのは舅くらいだ。
舅は「最近の若い人」ではない
一体誰のことを言っているんだろう?

私か?
捨てませんよ
というか冷蔵庫ギュウギュウが嫌いだから
買い置きもあまりしないので腐りようがありません


未分類 | コメント:0 |
<<お話会 | HOME | 文句やら警告やら>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。