つれづれなるまま

労働と報酬

10年か20年前か忘れたが夢でよくみる光景の1つに
ゴミだらけの部屋を必死で片付けているってのがある。
(結婚してから見るようになった)

床が見えない程に散らかっている部屋を沢山のゴミ袋を広げて(分別するため)
作業しているのだ。
見ると疲れるので起きた時に「あんだよ!」と思う夢のひとつ

私は日々の情報を眠っている間に整理しているのだと思っていた
だがこれは未来の一こまを見ていたのだと分かった。





またもやオジ宅の話し

姑の両親、義母(オジの母親)
下手すればそれより以前のモノまでとってある
見方によっては歴史資料館のような家

束ねられて茶色くなった手紙の束
戦地からの便り
まだ生まれたばかりの姑(次女)の成長を想う父の気持ち・・・

8ヶ月の姑を残して亡くなった母親(20代)の葬儀で記帳する紙(何というのか知らん)

あのですね・・・
達筆すぎて読めませんよ!



何のためにとっておくのか、まったく分かりませんが
きっと「捨てる」という選択肢が無い人だったのだろうと思います

弁当などに付いている魚型の醤油
ビニール袋にぎっちり入って数百個はあろうかと・・・
(崎陽軒の醤油も沢山あったけど)

大きなものを買った時に紐と紐に引っ掛けて持ち手を作るプラスティックのアレ
あちらこちらに点在していたが100個は捨てた・・・

中でもヒット?は焼き鳥の串が(食べ終わった)ジップロックに入っており日付が書いてあった・・・
謎だ・・・何のために???(分かりたくもないが)

スクリューキャップのカンコーヒーの空き缶がビニール袋に入っている
10袋くらいあっただろうか・・・

1人暮らしだけど業務用の醤油、つゆの素など20本づつくらいあり
殆どが賞味期限切れ(日付が昭和もちらほら)

豆腐のプラ容器
洗って乾かして積み重ねてある・・・


多分、生ゴミ以外は捨ててこなかったのだろう。。。。

まぁ何でもかんでも大量にありますが
その1つに防虫剤(衣服の)をすんごい量使っているのです
自分の服は季節ごとにキッチリと並んでいるのですが
その下には中身のあるもの~もう無くなった防虫剤がミッチリで
押入れの床面が見えないです。

そのまま衣服を袋詰めする作業をしたので
部屋の床は防虫剤の袋だらけになります
したがって床を埋め尽くす袋を拾ってはビニールに入れる作業・・・

その他にもいろんなゴミが落ちているので部屋の中ですが靴を履いたままの作業
(危ないので)
おや・・・この光景、どっかで見たよっていうかやったことあるよ

夢で見たやつ
(これでもずいぶん片付けた後なのだ)

そうか・・・
あの夢か。

途方も無く終わりの見えない作業でしたが
ようやくゴールが見えてきました。

6月はこればっかだな

氷山の一角

その労働報酬で豪遊三昧?

豪遊1
豪遊2
悪代官みたいに笑えとリクエストした








未分類 | コメント:2 |
<<反省 | HOME | 13日の金曜日に思うこと(あ・・・)>>

この記事のコメント

途中まで読んでる分には

いや、それくらい、いいんぢゃないの~
一族の記録なんだし...

と思ってましたが

豆腐のプラ容器で
思わず引いてしまった、かつきち^^;

豆腐のプラ容器の再利用の
使い道は思いつかないな~

うん、まぁ、なんだ
しずさんが正しゅうございます^^
2014-06-16 Mon 21:10 | URL | かつきち #-[ 編集]
大変な作業ですが
いろいろ勉強になります!
2014-06-20 Fri 14:27 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |