つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

流転チェルノブイリ展。

流転チェルノブイリ写真展を見に行った。

日ごろから原子力発電クソだ!と思っている私は動いた。
(いや原子力に罪は無いけどさ)
というか昨日が最終日だと勘違いした私は予定をネジ込んだのだった(アホ)

普通に夫を誘ったが興味ないらしい。
ま、いいよ。

「写真展行きます!」と伝えると(Fb)Oさんから
写真に一切説明書きがないから
「Oの紹介で来た」と言えばいろいろ説明してくれるし気さくな人だからと
メールがあった。

バトルスーツをまとい
午後の仕事を片付けて
予定より30分遅れで電車に乗る
(その前の仕事が押してしまったの)

あぁ・・・
待っていておくれよ
お前さん(笑)

そうそう
朝10時まで待って電話したのですよ
かつきちさんに

やっぱり寝てました
どうせ昨日も遅くまで飲んだくれていたのでしょう
(それは私も同じですが)

何故だか知らないけど
私から電話があると驚くそうです。
この時もおそらく
誰も見ていないのに布団の上に正座して電話に出たのではないかと予測。

こういうのがあるけど(流転チェルノブイリ)
興味あるかね?
あれば連絡して
なければこのまま無視でと

親切なのか不親切なのか分からないお誘いをしました。


そんなこんなで私が遅れてしまったので
後から現地に到着。

しばし写真を観察・・・・
胸が痛む。

その中でも1枚の写真にロックオンした。

1398635262636.jpg




見つめ続けること
どのくらいだろう
さっき孫2にやったように
そこに意識を飛ばしてみた。
写真の中に入る

そこは意識の集合体のような感じで
意外と皆さんドライで明るかった。
マンションだけに?
管理人のような存在がいて
きっとその人が呼んだんだろうと思った
(まったく何を言っているんだかw)

靴が邪魔だなと感じたので
靴を脱いで手に持ち
しゃがみこんで1枚の写真をぶっ飛んだ目でガン見するやつ・・・
そりゃ誰も近寄らないわな。

勝手にそれぞれが写真を観察し
時々会話して
また自分が見たいものを見る
実に気が楽だ。




中筋さんにご挨拶をし
その後、何でも聞いてください説明しますと言われたが
写真を見れば説明などいらないというか
何を質問すればいいか分からない

それは悲惨で
それは愚かで
それはとてつもなく悲しく
痛みを伴うものだったから。

だけどこれが現実。
蓋をして逃げるわけにはいかない


遊園地や楽器、遊具、おもちゃ
ぱっと見、生活必需品でない所謂、「娯楽」の朽ちた姿ほど痛々しい

1398635244477.jpg


バラバラになって汚れた人形は・・・
形容しがたい「地獄」 いや、それ以上(以下?)の波長を感じる。
幼い頃のトラウマが蘇る

いやいやいや。
そこを今掘るのはやめよう。

かつきちさんが質問をした
「人形の写真が多いですね」

「今回はピンポイントで毒として数点を展示していますが
人形の写真だけで写真展が出来るくらい撮っています」と・・・

他にも現地に行ったことのある人にしか分からない
貴重なお話を聞くことが出来た。

ロシア人は共働きが普通で
お父さんチェルノブイリで働く
お母さん関連施設で働く
子ども預ける
だからそばには保育所が沢山あったそうだ。

怒りがこみ上がる
一番やばいブラックな私が目覚めそうになる(やーめーとーけー)


30日までやっているので
興味のある方は是非!
入場無料w

背の高い
東大受験に30回くらい失敗してそうな風貌の中筋さんは素敵な方です
(例えがアレですが)

1398635275565.jpg


さて、満足じゃ。
では参るぞ、かつきっあん!

しみったれた昭和な感じが好きなので
喫茶店?みたいな所へ入り
ナポリタンを注文し仲良く分け合いましたとさ
めでたしめでたし

1398635214426.jpg


タコさんウインナーにちょびっとテンションが上る
おっさんとおばはんなのでした(笑)

かつきっあん
もう1個タコさんウインナー食べて良いぞwww













未分類 | コメント:2 |
<<もうひとつの物語 ~女はつらいよ 夏の陣 | HOME | 日常に潜む恐怖と幸福。>>

この記事のコメント

夏日となった日曜の夕方
西日にあぶられながら
高田馬場から会場へテロテロ歩く

念のため長袖をと思い
真っ赤なスイングトップを着込んでいったが
半そでアロハでよかったな...とチト後悔

会場はレンガ造りの建物の
半地下となってはいるものの
外の光も十分入ってくる
暗いんだけれど明るい
明るいんだけれど暗い
という不思議な空間でした

しずさんより、チトばかし早めに着いたので
目をまっさら白紙モードにして
ぽや~んと写真の数々を眺める

やがて登場したしずさんは
グラサンをかけ、黒を基調としつつも
一見涼しげないでたち

なれど足元を見るとハイ&ハイなヒールの
ブーツをはきこんでいる

で、すぐにブーツを脱いで
写真を一枚一枚、じっくりと見入っていきました

ほどなく
しずさんは、打ち捨てられたゴースト団地に
チャネっていましたが

ボクはといえば、人形もさることながら
一番はっとしたのが
キノコの写真でした

最初、釘かと思い
でも、このぬめった質感は
やっぱキノコだよなぁ、と

で、中筋さんに聞くと
あっさり「キノコですよ」と^^

かつては人が住んでいたであろう
コンクリートの床にびっしりとコケが生え
その中から、ぶっとい一本の釘のような
キノコがにょっきりと生えている

この写真展のテーマを象徴する
大作だったと思います

さて、陽は傾き、風も出てきて
肌寒い中、のどを潤せる場所を探す

しずさんにとっては、かすかになじみの土地
ボクにとってはまったくなじみのない土地^^;

たまたま入った、ちょっとおされな定食屋

店に入るなり、店員さんに「お酒ありますか?」
と聞くしずさん

ボクは、店に入った瞬間、お客さんのテーブルに
ビールがあったので、止めようとしたが
時すでに遅し

ビールを飲んでいるうちに
しみったれた、くったくたのナポリタン
しかも味噌汁つきがでてきて

トッピングのタコさんウインナーをつっつくうちに
白ワインの杯が重ねられていく

ついつい、普段めったに人には話さないことも
話してしまい、でもまぁいいやとなるひととき^^

いやぁ、さすが姉さん
野良をてなずけるのがうまいですな!

かつきちもいいかげん、野良なので^▽^
2014-04-28 Mon 23:27 | URL | かつきち #-[ 編集]
かつきちクン版
あなたの知らない世界の話は面白かったw

そうかいそうかい
かつきちさんはキノコが好きなんだね
そういえば最後の最後に発見したマッシュルームも美味そうに食べていたねぇ
そうかいキノコが好きなんだねぇ



さて。
明日は軍艦だ!

三笠と日本の海を守る戦士達に敬礼をしにいくぞ。

2014-04-28 Mon 23:57 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。