つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トラウマと生と死を越えてイタリアン

お土産は本日発送しました!
届くまで少々お待ちを
あーもう旅行から一週間が経過してしまった(なんて早いんだ!)
というわけで旅行記の続き




さて心身ともにボロボロになりつつ何とかバスに乗り込んだ私。
ゆみさんが自分のお茶を分けてくれた(感謝!)

最初の休憩地点までじっと空腹に耐える
嘘、ずっとゆみさんと喋っていて7-11の悪口とか言ってたw
足柄SAで休憩
やりたいことは沢山あるが休憩時間は10分(短か!⇒私の遅刻のせい)
トイレ・・・飲み物、いや食べ物だ!
とりあえず手っ取り早く食べられそうなたこ焼きを購入
飲み物を買おうと財布を出した時、時計が見えた
なんと集合時間1分前!
ひぇええええええ バスが停まっている場所まで猛ダッシュ
2度の遅刻はないないないーーーー

とまあ、またダッシュする羽目に・・・
サービスエリアの駐車場って広いのね・・・
トイレはそばだけど売店は遠いのね・・・
あぁ・・・空が青い(また汗だく)
いろいろ知らなさ過ぎるの自分

続いてバスツアーにありがちなお店に寄って買い物しろ的な場所へ
まんまと買い物をして、念願の飲み物を買い
トイレも行って煙草も吸ってほっと一息。
(ようやく人間になれた気がする)

ホテルのすぐそばには

弘法の湯
いたか(笑)

オリオン遊戯場




11:30伊豆長岡のホテルに到着!
先に来ていたエムニマさんと合流
チェックインだけして下調べしておいたイタリアンレストランを探す
よく分からなかったのでホテルのフロントで聞くと
ホテルの裏手は山になっており、その山の向こう側だと

①山を迂回する
②山を越える
脳みそ3つがはじき出した選択は②

はらぺこだったんだよぉう・・・
迂回するより早いし


目の前に聳え立つ長く急な石段・・・
マジか・・・
手すりを頼りに上り始めるとすぐに
手すりに毛虫がいるのを発見!!

ぎええええええ
そうだ・・・
ここは伊豆だった・・・

戦闘モードオン!

いい。
もう手すりなんぞ無くて良い
足の裏の感覚だけで登ってやるわい!
先日までの天戸さん講座にて私の抱える母親に対してのトラウマの象徴が
毛虫としいたけだと分かったので、冷静になって
こいつらが私に影響など与えられないと思ったら平気になってきた。

それでも石段は続く・・・
日常の移動手段が車のエムニマさんと私の体は速攻で悲鳴を上げ始め
息があがってきた。

誰だよ!山越えしようって言ったやつは!
と後ろを振り返ると、そこには絶景が
ようやく頂上付近へたどり着いたようだ。

弥勒山からの景色

あやめ御前がお出迎えしてくれた。

あやめ



ほっとするのもつかの間
次は恐ろしいほど急な下りが待っていた(当たり前か?)
階段を下り始めるとすぐに、何かがいることに気づく
小さな小さなもぐらの赤ちゃんだった死んでいた。
まだ毛も生えていない生後間もないもぐら・・・

荼毘に伏す時間も道具もなかったので合掌のみで失礼した。
今思えば何分でもないのだから土に返してやれば良かったと思う
翌日、ゆみさんがレトリーバルしてくれたことを知って良かったと思った(もぐらの赤ちゃんごめんね!)
しっかしもぐら自体を目にすることも珍しいのに
このタイミングで生と死を体感させられた。
不思議な空間、弥勒山・・・

やっと山を下りて目的地まだ歩く
オサレなイタリアンでイージーライダーのポスターが迎えてくれた
若き日のピーターフォンダとデニスホッパー&弁護士(名前知らない)
ハーレー好きか?

3人とも喫煙者なのでロフトのようになっている
パーティースペースへと移動させてくれた
とても雰囲気が良い(個室っぽいので遠慮なく話ができる・個室じゃなくても遠慮はせんが)

それぞれが好みのパスタと飲み物を注文する
ゆみはんはアラビアータと白ワイン(確か)
エムニマさんはタラコ(だったかな)
私は栄養失調なのでタウリン補給であさりとガーリックを選択、あとワイン

超美味かった!
パスタが配膳されると、ゆみさんが「大盛りにすんの忘れた!」と言うので
大丈夫、私もエムニマさんも小食族だからお互い半分くらいのパスタをゆみさんに寄贈w
私のミネストローネとサラダ半分、デザートも寄贈

それぞれが適量でお腹いっぱい大満足な食事でした。
今度は迷わず迂回コースを歩きながら「誰も写真撮ってないな」と
3人もいるのに話すのと食べるのに夢中で撮影どころではなかった
誰も食レポは出来んな(やらないけど)

ホテルへ歩いていると順天堂大学病院があった(弘法の湯の真向かい)
かつて息子が入院した病院である。
こんなにそばにあったんだ・・・当時の思いが蘇る・・・

ここで命を救ってもらったんだなぁ
NICUでの様々な出来事が脳裏に蘇る・・・
生死を彷徨うこと3ヶ月小さな体は治療に堪えた。

息子も23歳。
なんとか自立して暮らしている
ありがとう
ありがとう

順天堂ありがとう

湿っぽいのはいけねぇや
なぁかつきっつぁんよ!(いないけどw)





未分類 | コメント:2 |
<<スマホ撮影練習の巻 | HOME | 翻弄されまくり>>

この記事のコメント

く~、と来るときもありやすぜ、ねえさん^^
息子さんが病院のお世話になったときの
ご心配はいかばかりかと、あっしには言葉もありません

しばらく、日々、寒暖の差がはげしうなっとりますんで
ごしんぞさんも、お体大切に
では、ごめんなすって...

(てぬぐいほっかむりのかつきちバージョン^^)
2014-04-09 Wed 00:56 | URL | かつきち #-[ 編集]
舅は74回目の桜を見てから逝ったです

お彼岸を避けて
何でもないこちらの都合で
ラーメン帰りに
まったく関係ない適当な菊を打ち込んでおきました。

かつきっつぁんこそ
独り身なんで新聞取って孤独死対策をしておくんなまし・・・
2014-04-09 Wed 21:27 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。