つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

次女たまごっちに救われる 前編

夫が最初に持たされたのは会社のポケベル⇒PHS⇒携帯電話
始めは全て会社負担だったけど携帯電話の普及と共に会社負担が半額になり
やがて全額自己負担となった。
夫はそのままずーーっとdocomo。

次女が生まれる時
家にいなくても連絡がつくように自分も携帯電話を持つことにした。
妹がソフトバンク関係の会社勤務なので本体料金を0円で出せる機種を選んだ。
だからそのままずーーっとソフトバンク

あまり携帯を活用しておらずチマチマした画面も苦手なので私も夫もPC派
プロバイダーはKDDI。
スマホ? いらないなぁ~PCあるし 必要性が見出せないそんなある日

お抱え経済アナリストの妹に「しーちゃん家の財布は穴が開いているよね」と・・・
にゃんでも夫婦で別々の会社の携帯電話を使っているのはアホゥらしい。
あまり考えたことがなかったので、考えてみた。

KDDIに支払うのは毎月8000円くらい
それとお互いの携帯料金は月によって違うが平均2台で10000円
プロバイダーがKDDIならauが良いらしい(そんなの皆さん知っているのかしらもしかして常識?)

夫婦で乗り換えたら毎月の支払いがどのくらいになるか聞きに行った(近所)
その数日前に長女夫婦がdocomoからauに乗り換えたばかりだった
長年使っていたが、docomoは高いそうだ。

現在ソフトバンクとauの戦いのようで顧客を何が何でも増やしたい両者
年度末と消費税増税があいまって、えげつないほどのサービスが満載。
結果、夫婦で乗り換えスマホデビューして本体料金0円
現金5万のキャッシュバックと1万円のギフト券
月々の使用料は2台で約7000円(2年間)
次女用のたまごっちに毛が生えた程度のキッズ携帯1000円
合計毎月約2000円の節約となった
au同士は通話料無料なので(有料な時間帯もあるけど)もう少し節約になるかな?

それはさて置きw
この棚ぼたな金はいったいなんの為か?と思っていた。

すると、これを買っておけと(そうは言ってないけど)
想像していたよりも高くて驚く
そうか・・・これを買うために強引に私に小遣いをくれたのだね?
残りは旅費だね?

素直にありがとう!



ちなみに次女に与えた、たまごっちはau以外に電話するときにかかる高額な通話料対策
1000円分の通話料金を家族で分け合えるのでw

たまごっちを渡された次女

「もう中三になるというのに、こんなものを渡された自分は相当舐められていると思ったよ
取り扱い説明書が全部ひらがなだし! オレもスマホ欲しいよ!!」

本当はね
次女にもスマホ与えてやろうかと仏な自分がいたのだが
新規は全然お得じゃないの(月々6000円くらい・学生でも)
なので却下。

高校生になってから自分でバイトして買いなさい。


しかしその直後
そのたまごっちに命を救われる次女なのであった・・・


つづく









未分類 | コメント:0 |
<<次女たまごっちに救われる 中編 | HOME | 想像以上に出来が良かった>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。