つれづれなるまま

昭和クッキング

最近、歳のせいか昭和のしみったれたナポリタンが食べたいと思っていた。
流行りのあーいうのではない(昔懐かしナポリタン的な)
昭和のナポリタンは安っぽくなければならないのだ・・・

というわけで本日は昭和のしみったれた喫茶店でアルバイト経験のある
TJ先生をお招きし「今日の晩御飯」をつくっていただきました。

助手 「先生、そろそろパス・・・じゃなかったスパゲティが茹で上がります
    茹で加減はアルデンテでよろしいでしょうか?」
先生 「ばっかもん!昭和にアルデンテなんてないんだよ!茹で過ぎ位でちょうど良い!」


助手 「先生、茹で過ぎた麺が完成しました。フライパンを熱しております
    オリーブオイルでよろしいでしょうか?」
先生 「ばっかもん! 昭和の家庭にオリーブオイルなんてないんだよ!
    一度使用済みのサラダ油を用意しろ!」

助手 「あとはなにが必要ですか?」
先生 「塩・コショウ・味の素・ケチャップ・ワインだ!」

助手 「先生、味の素はありません!コショウはこちらを使ってください」
先生 「ペッパーミルなど使えるか!ばっかもん!味の素がないだと
    話にならん!」

先生 「な・・・なんでこんなにフライパンにスパゲティがくっつくのだ!?
    お前、ちゃんとスパゲティを油まみれにしただろうな?」
助手 「そのようなことはしていません
    それをやるのはH&Mだけだと思っていました!」

先生 「それが原因だ・・・油が足りん、追加投入する」
助手 「・・・・・・」



そんなこんなで完成。

先生!
このナポリタンはフォークで食べて良いのですか?  OK
このナポリタンにタバスコをかけて良いのですか?  OK

食べ始めて
夫・・・いや先生が粉チーズが欲しいと申しので冷蔵庫から持ってくると
その粉チーズはちょっとオサレな熟成粉チーズだった。

これが先生の逆鱗に触れ
「粉チーズは熟成なんかされていちゃダメなんだ!全てが台無しだ!」

とキレまくっていました。
いや。嘘です
普通に美味しく食べました。



未分類 | コメント:4 |
<<チャレンジ | HOME | レプの血が(なんちゃって)>>

この記事のコメント

すべての行が
いちいちツボにはまりまっくております^▽^

>昭和にアルデンテなんてないんだよ!
たしかに^^
実家にいた頃は
サッポロ一番のみそラーメンですら
3分よりはるかに時間をかけて
やわらかくして食ってました

>一度使用済みのサラダ油を用意しろ!
台所には、ホーローびきの
使用済みの油をためとく
ポットがおいてありました

>味の素はありません!
^▽^
お子ちゃまのころ
親の目を盗んで、よく味の素をなめたものですが...
いかんせん味覚が育ってないので
「塩と何が違うんだろ...」
と思ってました

>このナポリタンはフォークで食べて良いのですか?
箸しか使わない、頑なな世代がいますね
ボクの親父がそうでした^^

>このナポリタンにタバスコをかけて良いのですか?
子供心に、これほど不思議な調味料(?)はありませんでした
いやいまだに、唐辛子の「辛み」の旨さは理解できてないかも^^;

>粉チーズ
緑色の紙の筒に入ったヤツでしょ
で、大抵、中でカチンカチンに固まっていて
ガンガンたたいて崩しながら振り掛けるヤツ

ちなみにボクの実家には
いまだにコショウがありません^^

ぜひ次は
昭和のしみったれた黄色いカレーをキボンヌ^▽^
2013-11-28 Thu 00:16 | URL | かつきち #-[ 編集]
ひー
夜中に昭和ナポリタンが食べたくなっちゃったよー

よし明日は昔行ってた純喫茶に出動だ!
大盛食べるぜ。
2013-11-28 Thu 00:45 | URL | ゆみ #-[ 編集]
書き忘れていました。
具は決してオサレベーコンを使用しては台無しで
気持ち悪いほどピンク色のハムで決まり

とか書いてますが
実際に子供の頃家庭で出された麺類はどっさりと野菜が入っていてそれが嫌でした。
だからしみったれたナポリタンはある意味
こういうのが食べたかったという憧れです。
2013-11-30 Sat 12:20 | URL | しず #-[ 編集]
純喫茶の・・・ってのが既にオサレです・・・
ゆえに却下!(なにが?)
2013-11-30 Sat 12:22 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |