つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

現実と夢のゲーム

個人的な黄泉返り
長年、棚上げにしてきたことの浮上が怒涛のように・・・
って話は書きました。

その後もその連鎖は続いてます。

実母は再入院中
ようやく自分が今後も一人伊豆アパートで暮らすことをあきらめ
アパートを引き払い埼玉へ引っ越すことを決意しました。

と言っても母は動けない状態なので
いろいろ動かねばならないのは私たち「子」になります。

それはさておき
母が30年以上住んでいたアパートの住所は
母が引っ越すこと(住民票の移動)で
宙に浮く

誰にとって宙に浮くか
それは父にとって。
離婚していないので父は本籍を伊豆に置いたまま
風来坊生活を送ってきた。

面倒な手続きは本籍のある母の元へ・・・

母が伊豆を去ることを決意した今
宙ぶらりんなままの婚姻関係も持続する意味はなく
ぶっちゃけ離婚した方がいいんじゃない?
(母は自力では何もできない状態なので)
ってことになり

母に意思確認をすると
ちょっと前にすったもんだがあった時(父の入院)に離婚しとけば良かったと

んで。父に電話してその旨を告げると
「そうしてくれ」と

まー
そう言うしかないわな・・・

その夜に見た夢



つづく
未分類 | コメント:0 |
<<つづきの夢 | HOME | おかめ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。