つれづれなるまま

身近な歴史スポット

歴史に興味がなかったため今まであまり考えたことがなかったのですが
自分が昔住んでいた山の名前を調べたことで昔々の人たちを身近に感じるようになりました。

そういえば・・・と自宅近くに小手指原古戦場という所があり
白旗塚などというものもある。(埼玉心霊スポットって紹介されている!?)

古戦場後ってくらいだから
この地の下には沢山の人たちが眠っているんだろうな・・・
場所柄仕方ないのかもしれないがやたらと慰霊碑が多い
埋葬文化財調査センターってのもあるが天下り先なのかな?
白旗塚ってくらいだからここで降参をしたのかな?
誓詞橋ってくらいだからここで誓詞したのかな?
くらいにしか思わなかったが

少し調べてみると
小手指原(こてさしがはら)元弘3年(1333)鎌倉を目指す新田義貞軍と
それを迎え撃つ鎌倉幕府が最初に衝突した古戦場で
街道の要衝地に近いことから度々戦地となったそうだ


誓詞橋は新田義貞が所属した軍兵に忠誠を誓わせた所らしい
交差点の名前となっているけど
どこに橋があるんだってくらいの小さな橋です

『太平記』によるとその後正平7年(1352)にも義貞の子
新田義興・義宗と義兄弟の脇谷義治等が鎌倉に居た足利尊氏と争った
南平朝武蔵野合戦が行われた場所でもあるらしい

聞いた話だけど小学校の裏に広く林が広がっていた
そこにポツンとアパートが建っていて
住んでいた家族の子供が毎晩「兵隊が歩いている」と言って怯え
精神的に病んでしまい結局引っ越したという話。

確かにそこは空気がじっとりしていて歩いて通るのは嫌だなって雰囲気
だけど現在はその林も半分以上は切られ宅地になってます

他にも林を切り開き土地の造成をしたら人骨が出てきたとか
だから本当にこの地では沢山の人が戦いで命を落としたのだと実感します。


現在この地にいるのは結婚前に夫の両親がこの家を買ってあり
そこに住ませてもらうってことになったからなのですが
本当は隣の市の駅前マンションを購入しようとしたが抽選に外れてしまったので
現在の家を買うことにしたそうだ。
(息子が2人いるから1人に1軒を相続させようとしたらしい)

今も戦で激しくぶつかり合う感じ
内太ももに伝わる馬具のアタリと馬の鼓動や筋肉、熱
ガチャガチャと鳴る鎧や自分の息遣い
そういうリアルな感覚が残っているが
実はこれは私の記憶ではなく
今も戦っている軍兵たちと勝手にチャネっているだけなのかもしれない。


そういえば最初に埼玉へ来た時
小手指ってへんな地名だと思った こてゆびかと。


未分類 | コメント:2 |
<<お金を稼ぐのは大変だ | HOME | 老後は・・・>>

この記事のコメント

関東内陸部も古戦場由来の
地名が多いですよね

小手指もそうだし、分倍河原とか
河原系の地名とか^^

もちろん戦争だから当然血は流れるのだけれども
その背景というか、そこに至るまでの
いろんな事情が、やっぱりあるんじゃないかな

平将門のいくさ
源平のいくさ
南北朝のいくさ
そして大河ドラマで人気の戦国時代
性懲りもなく、いくさの世は訪れますが

我ら、東夷の言い分としては^^
願いはひとつ
俺らが開拓した土地なんだから
俺らのもんでいいべさ
ってとこにつきるんだと
かつきちは思ってます

その思いだけでも共有していれば
その土地に漂う心残りを
それほど気にかける必要はないのでは
とボクは思っていたりします

なんせ武蔵野台地
水はない、野火は広がる
米なんぞ作れん、
地面を掘ったところで
関東ローム層の赤土しか出てこない
いわば荒野です^^

そこをはいつくばって開拓したのに
あるときは律令をたてに
またあるときは武力をたてに
とりあげようとする連中がくれば...

いかに温厚なかつきち君でも
鍬もって立ち上がるかも

てか、今話題のTPPって
そういう状況なんだよな...(¬¬)
2013-09-17 Tue 23:53 | URL | かつきち #-[ 編集]
かつきちさんが鍬を持ち立ち向かう姿・・・
ものすごくリアルに想像できました^^

この辺も?うどん店が多いです
米ができない土地なんですね
2013-09-18 Wed 19:30 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |