つれづれなるまま

無題

福知山での花火大会で爆発事故がありましたね・・・

(夫が)出店時に使うのでガソリン携行缶や発電機を所有しています。
車に給油する時には分かりにくいけどバイクの給油する時は
給油口からユラユラと蜃気楼のように気化したガソリンが出ているのが分かる

車に給油する時ガソリンキャップを開けると
シューっと音がします。
あれは気化したガソリンが抜ける音。
(説明が雑ですが)

携行缶もガソリンタンクと同じなので
給油する前にタンク内にたまった気化したガスを抜く必要がある
(ガス抜き弁がついている)
扱っている人にとっては、それは常識であり
それをしないと超危険。

当然ですが発電機は使用し続ければ熱を持ちます。
発電機の側にガソリン携行缶は置かない方がよいですが
この暑さですから、どこに置いていても
温度は上がってしまいます
もしも近くに火ダネがあったら・・・

なんてガソリンや発電機を扱ったことがない人でも
それがどれだけ危険なことか予測できるのではと思います。

煙草を吸いながら
いや・・・火のついた松明を持ちながら給油するのと同じこと。
出店業にはガソリンと発電機は必需品。
危険物であることを忘れてはいけない
(発電機は危険ではないが動かすにはガソリンが必用)

火傷を負われた方々が一日でも早く回復されますことを祈ります




少し前の事件ですが夫が妻を殺した
殺害した理由が2歳の子供の教育方針が妻と合わない・・・

40歳を過ぎて子供を授かり親になったのに
2歳の子供に何を教育するというのだろうか?

2歳だって親同士が喧嘩しているのは分かる
夫婦であっても意見が違うのは当たり前
だから話し合い時にはぶつかって喧嘩もするけど
お互いの妥協点を見つけていくものではないのだろうか

2歳の子供から母親を奪い
自らは殺人犯となった父親(たしか50歳)

何だか虚しくなった。











未分類 | コメント:0 |
<<今更右京 | HOME | 鉄萌え>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |