つれづれなるまま

自由になった

再び洗脳が始まったのは叔母を頼り埼玉に来て
夫と出会い、妊娠して現在の場所へ引っ越した頃。

私はまったく知らない土地で一人ぼっち
夫は仕事でいない。(昼夜逆転生活時代)
日に日に大きくなるお腹

ある日叔母に呼ばれて家に行くと
そこには叔母の他に3名の構成員(当時はそんなことも分からず)

叔母は今までは宗教のことは私に言わなかったが
所帯を持って親になるのだから
この機会にご本尊を設けなさいと言われ
他の構成員たちからは出産に対しての不安と困難を
いかに信仰で乗り越えられるかという話を散々された。

不安にして信者を増やすという
非常に簡単な手口にまんまと引っかかりました。
もうすぐ20歳になって選挙権が与えられる
なんて素敵なカモだったことでしょう。

言われるがままお寺へ行き
一番小さな仏壇を購入した頃
以前会った構成員が自宅へやってきて
一緒に題目を上げさせて欲しいと
まだ若い妊娠している女性も連れてきた。

最初にあった構成員と妊婦は
私の自宅から本当にすぐそばに住んでいる人たちだった。

長女が生まれ次男が生まれ
この次男は健康では生まれず
生死をかけた入院生活が続いていた。

息子を助けて欲しいと必死で拝んでいた

それからまもなくして夫が会社を起こし
数年で破綻、それに大きく関わった叔母夫婦との仲は最悪になった。

ある日、叔母夫婦への憎悪に耐え切れなくなった夫が
仏壇を破壊した。

何だか妙なスッキリ感があったのを覚えている。


それでもしばらくは洗脳の欠片が残っていて
宗教団体や代表者の名前を聞くのも嫌だった。

粗末にするどころか
見るも無残な姿にしてしまった私たちだが
非常に幸せである。

叔母は自分の友達に夫を寝取られ
難病指定されている肝臓病を患って今はどうしているか知らない。


子育ても仕事からも解放されたは母親は
再び宗教へとどっぷりハマっていった。
友人Hの母親と宗教活動に一生懸命だ。

以前、東京都に住む夫の母方面の親戚の家に選挙のお願いに行ったことが
私にバレて怒鳴られてからはそういうことはしていないと思うが
実に迷惑で非常識な親だと呆れた。

Hの母親から直接電話が来たこともある(選挙)
なので二度と電話してくるなと言った。

母はボロアパートに似合わない大きな仏壇と共に暮らしている。


奴らの多くは自分は良い事をしていると思っている
そう信じて疑いもしない。
それ以外の考え(目線・視点)を持たないからだ。

勧誘を断る理由に夫が反対していると言えば
そんな夫といたら不幸になるから離婚しなさいと言う


アホかと思うが
片方からしか物事を見ないとはそういうことなんだろう。
アホな世界から私を引っこ抜いてくれた夫に感謝している

「宇宙最大のジョーク」
宇宙連合の表現は面白い!






未分類 | コメント:4 |
<<知らない罪 | HOME | 自由になるまで>>

この記事のコメント

実家の前のアパートに住む熱心なS会員の
お婆さんが死んだとき、家族か親類の人が来て
豪快に2階の窓から仏壇を落として破壊してましたw
(小さい仏壇だった)
2013-08-04 Sun 20:21 | URL | ゆみ #-[ 編集]
気が付いたら入信させられてましたが
ご本尊とやらを寺に送り返したら構成員に
「地獄へ落ちる!」と言われました!
自分で言った言葉は自分に返るなら、あの人は
今頃地獄ですね。
2013-08-05 Mon 11:50 | URL | nao #-[ 編集]
うゎ~豪快?ですね。
2013-08-05 Mon 20:52 | URL | しず #-[ 編集]
私も一応、寺に返しました。
ビリビリになったやつを
2013-08-05 Mon 20:53 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |