つれづれなるまま

素敵で不思議な東照宮

日光東照宮へ行ってきました。
素晴らしかったです! 想像以上

譌・蜈・006_convert_20130704170332

譌・蜈・005_convert_20130704170200


しかし本当に素晴らしい場所は撮影禁止なので残念です
どれも素晴らしいのですが特に気に入ったもの
拝殿の天上に敷き詰められた龍の絵
一つのパネルに一頭の龍が描かれており
それが天上いっぱいに敷きつけられて圧巻
360年前と同じ天上を眺めまくりました
「百間百種の龍」と神主さんが教えてくれました。

拝殿へ向かう回廊を歩いていたら
突然、不思議な感情が沸き起こり
泣きそうになりました(泣きませんでしたが)

神主さんの話を聞いている間
拝殿の上の方に飾ってある丸いものが非常に気になり
そこから何か不思議なエネルギーが放出していて
そこだけ異次元な空気になっていて
そこから目が離せなくなり、しばしボーっとしてしまいました。
その丸い物が何なのか知りたかったので
話が終わってから神主さんに聞くと「御神鏡(ごしんきょう)」といい
神社には必ずあるそうで・・・常識ですか?
まったく知りませんでした
(神社仏閣に一切興味が無かった)

しかし本当に不思議で月のように感じました。

さて・・・
次はうっかり見落としそうになる「眠り猫」を通過すると
奥宮(家康殿のお墓)まで階段200段・・・と書いてあった。
200段は遠慮しようと言うと、夫が200段くらい大したことないと申すので
うっかり登り始めてしまいました。

譌・蜈・010_convert_20130704171643


途中で後悔しました。
ゼーゼーハーハーしながら登る途中で

譌・蜈・009_convert_20130704170613


そっか急いで登らなくていいんだ
ゆっくり自分のペースで登ったらそれほど辛くありませんでした。

譌・蜈・008_convert_20130704170459

初めまして家康殿
お邪魔しております。





未分類 | コメント:0 |
<<その2 | HOME | 日光東照宮に行こうかな。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |