つれづれなるまま

車に教えてもらった

先月、長女が車で事故を起こしてしまい
長女家の車は壊れてしまった。
もう乗れないのだから、さっさと廃車にすれば良いものを
つわりでそれどころでは無いようで放置していた。

目に入る場所に事故車があるのは嫌だし
名義は夫なので業者さんに引き取ってもらおうと
面倒だけど自分で引き取り業者を探した(ネットで)

中古車引き取り業者を検索すると
ネットで簡単見積もりというのがあり
三社まで同時に見積もりを依頼することができた。

速攻で業者から電話がかかってきて
車の状態などを聞かれた。
その後、メールで更に詳しい車の状態と
(自走可能・不能とか、年式、色、走行距離など)
車の前後、左右の写真と事故車なので事故で損傷した部分の拡大写真を添付して送信。

中古屋さん曰く
自分たちのような業者は基本的に回収した中古車を
修理して売るのが目的であり
事故車の場合は損傷程度で価値が決まるとのこと
損傷箇所が多ければ修理代の方が高くつくのでスクラップ扱いとなり
その場合 「鉄」としての価値になるそうだ。

修理して売れる状態ならば価値は最大で3万円。
スクラップ評価の最低金額は3千円と幅は広い。

結局、詳細な金額は実物を見てとの事。

正直、10年以上前の車で錆が酷く
走行距離10万キロ以上で事故車は無料で持って行ってもらえればラッキーと思っていた。

業者さんが来て車を見て
想像よりも内部の損傷が激しく修理して売れ状態では無いので
スクラップ行きだと言う。

そりゃそうでしょうと思った。

しかしその後、業者さんから意外な言葉が・・・
「でも。来年分の自動車税くらいは欲しいですよね~」

え? と思いつつ
「まぁ~」と返事すると

「じゃあ(引き取り価格は)1万円でどうでしょうか?」




ま・・・まじで?
と思ったが冷静を装い

「はい」と答えた。

無料で回収してもらえればラッキーくらいに思っていたが
思いの他、一万円ゲットした。
(その晩は長女一家と一緒に外食にて還元)

それはそれでラッキーなことだったけれども
妹夫婦から現在乗っているステップワゴンを譲り受けた時のことを思い出した。

夫の出店が迫っていたので日にちがなかったので
(自宅駐車場を開けなければならない)
その時は夫任せだった。

夫が適当に選んだ業者さんは家の車を10年以上前の車で走行距離が10万キロ以上なので
価値は無いと言われ、無料回収ができるだけです。
と言われた。

それはそれで納得して引き取ってもらったのだけど
今回のことを考えると
当時の家の車は事故車でもなく普通に自走できていたので
おそらく、今回の業者さんだったら2~3万くらいの値がついたのでは無いだろうかと思った。

「知らない」というのはこういう事だ
「知らない」ことを「知らない」のだ。

だから「それ」で納得する。

知らないことを知らない のは
当然であるが
知らないことを知るには「経験」が必要だ
(経験しなくても分かる人は凄いけど)

いや・・・
そもそも、今回の廃車手続きをしなければ
前回の廃車は損だったと分からなかったので
面倒なことをやったおかげで、それが分かったのでとてもラッキーなことだ。

何が言いたいかというと

相当、ポンコツの事故車でも
やり方(ネットを利用すれば)を選べば多少の現金にはなるよ。

ということ。
来年分の税金くらいには





未分類 | コメント:0 |
<<幼児は面白い。 | HOME | 好かん。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |