つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フィクション

実際には何日間だったかわかりませんが
ずっと暗黒、もしくは何もない虚無の世界に迷い混んでいました。

はじめ人間ギャートルズのエンディングテーマ
「やつらの足跡のバラード」が頭の中で何度もリピートされていた
(何にもない 何にもない まったく何にもない~)

自分が誰なのか、何の為にここにいるのか
自分は何をしたいのか、存在意味は?

全部がわからなくなり
何もする気になれず
ただ生きているだけ

殆ど眠っていたかもしれません

それはとても辛いことでした。

そうしたら普段は忘れている
凶暴な自分がいました。
自暴自棄で破滅的で攻撃的な自分です
だけどそういう自分の本心はただ寂しいだけで
ある意味、「思い」が強すぎて
その「思い」の矛先が分からないと「自滅」するしかない自分です。
「思い」が「重い」になってしまう。

だから私は自分を重くする必要がある
沢山の荷物を背負っていると丁度いいのだ。

自分が何だか分からないということは
非常に辛いんだと分かりました

しかし私の異変に気付き
気遣ってくれる夫の態度に驚くと共に
非常にありがたいと思いました。

次に今、自分のそばにあるものを
一つづつ確認しました。
そうしたら私は豊かでした。

次はふと部屋が汚いことに気付き
物がごっちゃごちゃだと気付き

要らない物を処分し
必要なものを用途事に分類し
積もった埃を掃除していたら

「色のメッセージ」という本が出てきました。
最初のページに色見本があり
どの配色を選ぶかでその時の心理状態が分かるというもの
久しぶりに本を開き、これだと思う配色の解説を読むと
「回復」
何らかの病気、ストレス、怪我、極端な人間関係の悪化などで病んでいた
身体や精神が明らかに回復に向かっている時です。
あるいは回復して元気になった直後の状態でしょうか。
とあった

周りが汚いことが気になり
掃除をし始めたのは回復の証拠なのかな

そもそも病気でもないし、ストレスは何か分からないし
怪我もしていない、人間関係も悪化してないけど
精神的な迷子になっていたか・・・



昨晩は孫と姪のW預かりだった。
我が家にはオモチャが無い

掃除していらなくなった丸い籐のカゴが2つあったので
子供達はそれを逆さにして太鼓に見立て遊び初めた
だけどすぐにより太鼓に近い丸い方のカゴを取り合った。
(もう一つのカゴは楕円で籐よりはフニャっとしている)

脱衣所に使っていない丸いカゴがあったことを思い出し
それを与えると、今度はその目新しいカゴを自分のものにしようと争う

あーーーなんて面倒な生き物なんだ!
なので数があればいいだろと
家のザルを大・中・小・特大・平たいのを充てがった
すると今度は自分が保有する数で争うのだ

その内、ただカゴやザルを所有しているだけだと
あまり面白くないことに気付く

今度はお互いのカゴとザルを合わせて
自分たちが大好きな「ギー(夫・爺)にバースデーケーキを作ろうという展開になった
カゴとザルでケーキとは子供の発想は奇想天外だ。

ただ積み上げただけだけど
中に仕込まれているのは姪が履いていた靴下。

しかしその作業を始めたとたんに
二人の間では「ギー祭り」が始まったようで
二人のテンションはマックス

そんな時に夫が上がってきたので
それはそれは超若い二人から夫は過剰な接待を受けるはめに・・・

幼い子供が見せてくれた「やつらの足跡」だった。
で、ようやく自分が何のためにここにいるのかを思い出した。


ありがとう




未分類 | コメント:0 |
<<Uさまへ | HOME | 嫁姑あるある?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。