つれづれなるまま

自分のせいだ!

毎年、この時期は縮毛矯正が増える。
ここのところイマイチ仕上がりが悪いと思っていた
(キラキラストレートに今一歩足りない)
矯正は3時間半~4時間もかかるのに仕上がりがイマイチだと
非常に申し訳ない気持ちになり、一体何がいけなかったのだろうか?
と考えてみるけれど「これ」といった原因が思い当たらなかった
薬品の成分が変わったのか?とも思った。

しかし・・・矢印を自分に向けて考えると
原因は自分の施術にあるのではと思った
(最初にそこを疑えと・・・)
矯正は時間がかかるのでなるべく早く終わらせたいと思うがあまり
少しづつ雑になっていき、だから綺麗に伸びないのでは無いのだろうか

5ミリスライスで毛束をとりアイロンを丁寧にかけていく
これが縮毛矯正の要となる(もちろん他にも重要事項はあるけれど)

自分で5ミリだと思っていただけで
本当は7ミリだったのかも
本当は8ミリだったのかも
ひょっとして1センチスライスにしていたかもしれない
しっかりと意識しないで機械的に動いていたかもしれない。

次回の矯正はそこをしっかりと意識して施術し
その結果を確かめたいと思っていた。

雑にやっているつもりは無いけれど
自分でも知らないうちに、気付かないうちに「雑」になっていた。
ということに気付くのは難しい(それじゃダメじゃん・・・)

だけど目の前に結果として現れる「仕上がり」のイマイチさは
「雑」の賜物である。

今日の矯正の仕上がりは美しかった。
原因はいつも自分にある

いつもやっていることでも「意識」していないと
次第にズレが生じ、やがてそれは大きな差を生む

ちゃんと目を開いて
脳をフル活動させて

ちゃんと仕事しろ!

・・・ということを忘れないように戒め。


お客さん
ありがとうございます。






未分類 | コメント:0 |
<<レンタル | HOME | 覚書2(普通に寝たい)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |