つれづれなるまま

日常に潜む恐怖

5月14日(火) 火曜なので店は休み。

昨夜、明日は休みだ~やっほ~い とばかりに
調子こいて飲んだくれ(いつもか・・・)リビングで寝てしまった。

朝、夫が起きてくる気配がしたので
何となく3階へ移動してみた。
(更に寝ようかと思って)

3階は2階リビング&キッチンの音が筒抜けで
ボソっと呟いた独り言まで聞こえる。

夫は「本気かよ!」とか言っている
これは昨日、夫がコーヒー(インスタント)が無いと言っていたので
簡易ドリップコーヒー(私が飲みたいから)を買ってレンジの上に置いたのだが
それに気づかず、私がコーヒーを買っていないという妄想被害者発言である。

それ以外にも独り言大魔神な夫は面白すぎる・・・

気を消して3階に潜む私
自営業のせいか曜日感覚が無い夫

私のバッグがあるとか
携帯があるとか
そういうことは一切気にしないらしい
勝手に私は仕事に行ったと思い込んでいるようだ

うひひ・・・

夫はtvを見たり
朝からギターを鳴らしたり
ブツブツつぶやいたり

その後、昨晩ほっぽらかした食器を片付け始め
シンクに運び、食器洗いを始めた。

チャーーンス!

食器洗の最中は水の音で小さな音は聞こえづらい
今だと思い3階から抜き足差し足忍び足で2階へと移動する

シンクの位置から階段は死角となるので
姿を見せずに1メートル以内に近づくことが可能だ。

息を潜め
白い壁の端から
少しだけ顔が見えるくらい除いてみる(目が出るくらい)
顔を斜めにすれば、当然自分の長い髪がダランとなる

が・・・・

夫は満面の笑顔で食器洗いをしていて
まったく気づかない(多分、何か相当楽しいことを考えていたのだろう)

マジっすか・・・
少しづつ顔を多めに出してみたり
一度ひっこんでみたりしたが

気づかない・・・・

食器洗いも終盤になった頃
ようやく夫は簡易貞子に気付いた。

実はこのようなことを何度もしてきた
毎回思うのだが夫のリアクションは100点満点なのだ

今回も気付くのが遅すぎるけど
大阪のオバちゃんみたいなリアクションは素晴らしかった

毎度毎度、本気で怖がるのが面白い
(2メートルくらい後ずさりする)
私はその瞬間まで笑いを堪えるのが大変だ

自分の吹き出す音で相手に気づかれるなんて
これほどつまらないことはないから。

ナイスリアクションで驚いた後
「もうッ!!!」とオバちゃんみたいに怒った夫に頭を叩かれたw


その後、まったりとコーヒータイム。

私 「少しは寿命が縮んだかい?」
夫 「うん」


ミッション成功!







未分類 | コメント:0 |
<<夫の仕事? | HOME | 不意打ち>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |