つれづれなるまま

次元の説明

昨日寝る時に多次元の自分がどこにいるのかヒントを頂戴!
とお願いして寝た。
夢ではウーピー・ゴールドバーグみたいな女性が顔を白くするファンデーションの
通販番組の撮影をしていた。
その黒人女性?は「どや顔」で「良い商品でしょ」という表情をした
私は番組スタッフの役割をしていた。
顔だけ白くても変だぞ

さっぱり意味は分からないが・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次元を一言で説明すると 時空間における周波数帯の相違のことを指します。
すべてのものは固有の振動数を持っています。
あなたも私も、あらゆるものがそうなのです。
それは物質であろうがなかろうが関係ありません。
皆、波形と振幅と周期を宿しているエネルギー体として存在しています。

地球の次元は三次元ですが、実際は三次元と四次元が重複されたバイブレーション帯の中で振動し
活動しています。

地球の科学では、一次元は直線、二次元は平面、三次元は立体として捉えていますが
これも一つの認識であり、物質的側面からしか見ることのできない地球科学の特性です。

私がいる6.2次元からの知覚での次元意識は以下のようになります。

一次元とは、ガイアの中核へと流れ込む、直線状のエネルギーであり
求心性の力を持ちます。 地球ではこのことを重力と呼んでいます。
これは中心へと引き付けられる磁性の力であるため
科学者たちがいくら探しても、おそらくこれからも重力子(グラビトン)は未発見のままでしょう
この次元を管轄しているガイア意識を私たちはジーと呼んでおり
私たちの星系であるシリウスからの叡智を内包したまま結晶化させ
鉄クリスタルとして物質化されました。
低くて重層なバイブレーションを持つ大変パワフルな領域です。
ちなみにガイアの心臓中核ともいえる一次元は
これからあなたが次元転換していく際の大切なキーステーションとなります。


次に二次元とはマントル部分から地殻、地表までの質に代表される土と元素の領域を指します。
意識はまず、元素の中に宿ることで物質化が促され、やがて塊となることで
質量と密度がもたらされます。 
あなたがたの身体、そして目にするものすべての中には二次元領域が内包されているのです。

そして三次元。 あなたがいるところです。
ここの特徴は直線的な時間認識を持つ物質性の世界ということです。
けれども地球人の精神活動領域(とりわけ感情というもの)は通常、四次元周波数帯に属します。
また、地球をとりまくエーテル体も四次元に属しています。


四次元は、元型の領域です。
三次元という物質化を図るまでの想念領域帯であるとも言えます。
地球人は現在のところまで約30万年にわたり
この周波数帯は厳重に管理されていました。
つまりアクセスブロックがかかっていたのです。
誰がアクセスブロックをかけたかって?
それはもちろん異次元人、つまり宇宙人です。
けれども宇宙的変容を間近に迎えた今、このアクセスブロックが解除され
あなたがたは自由に籠の鳥から抜け出すことが可能になりました。
とはいえ、現代の地球人のほとんどは、ゲージの蓋が開いていることに気づいていません
もしくは気づいていてもケージの蓋を出ると今の自分が解体してしまうかもしれない恐怖があるために
蓋が開いていいることは知らなかったことにしようなどとして、見ようとしないようです。
それはなぜなのでしょう?
そんなに制限と限界のある世界がお好きですか?



未分類 | コメント:0 |
<<感謝企画に分類した | HOME | あなたはどの星から来たのか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |