つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

紙幣偽造

お話会、とても楽しく有意義なものでした。
主催のifさん、講師ニルマーラさん、ゲストのマサトさん
スタッフの皆様、お客様の皆様
ありがとうございました。

毎回?トラブルなく終わることができるかと
ワクワクしながらも緊張します。

今回もとても楽しかったのですが
書ききれません(書けません?)


2月16日、東京はクソ寒くて強風
それでも何とか参加希望者全員が会場にたどり着けて良かったです

さて今回は前回の祭りの時にニルマーラさんのグループワークがメインでした。
それでも参加枠があるので、ワークを受けない参加者さんには
金券のサービスを考えました(ifさんが)

ワークを受けない人もお得なことがあると嬉しいですよね^^

「金券」・・・・

それを提案された時
是非、それを作ってみたいと思ったのです。
なので「自分が作りたいです!」と言いました。

そしたらワクワクが止まりません

いろいろ考えた結果、一万円札の諭吉をM氏の顔にして
一万円を百円札にすればいい。

手っ取り早く手元にあった一万円を自宅プリンタでスキャンしようと思ったら
紙幣のコピーは犯罪です!と出て(PC画面に)
マジで?

困った私は諭吉の顔がダメなのか?
金額がダメなのか?
と試行錯誤しましたが
結局、本物の一万円札のコピー及びスキャンは出来なくて
画像検索で一万円札のサンプルを保存し
それをイラストレーターのような加工ソフトでいじりました。

諭吉をいじっていたら
元のM氏の顔がわからなくなり
M氏にメール
「顔の写メを送って下さい」

人の良いM氏ですから断りはしません

ですが・・・

何に悪用されるかを懸念して
(しずさんの頼みなら)送りますけど
用途だけ教えて下さい(変な魔術に使用されるのは嫌?)
とのことだったので使用目的を伝えるとご理解いただき
M氏の画像をゲット。

そこから地味~~~で」
自己満足な
金券という名の紙幣偽造が始まりました。






未分類 | コメント:0 |
<<思い出した順に | HOME | 前世>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。