つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

趣味「麺活」!

美味しいラーメンを求めて食べ歩きしたりすることを「麺活」と言うらしい

へー。

そんな感じで日々、麺活に余念が無い私です
参考にしているのはラーメンデータベース埼玉版・東京版(埼玉よりの)
食べログも参考にします。

初めて行くお店は非常に緊張します。
遠かったりするとレビューを信じて行ってガッカリということもあるから


先日、向かった店はバイクで30分くらいの所
ラーメンが美味しいという評価と共に店主の接客態度の悪さが書かれていた。
(店は店主一人で切り盛り)

「職人気取りの若い店主が・・・」とか
「店主の機嫌が悪いのか接客が・・・」とか
「どんぶりからスープがこぼれそうな勢いでドンと置かれた・・・」とか

ふーーーーーん。

でも美味しいんでしょ
美味しければいいやと思って
本日の麺活はそこに決定。

今日はどこに行く?という行き先は丸投げ夫に詳細は告げず
方向だけを指示。

信号待ちの時に夫に耳打ち
(先ほどの店主情報を)

夫 「なぁんでそんな店を選ぶんだよ~」
私 「面白いじゃない?」

本当にそういう態度をとるのかに興味もあった。

店舗は非常に分かりにくい場所にあり
迷いつつもやっと到着。

引き戸を開けると左手に券売機がある
食券制度と知っていたし
何を注文するかも事前に決めていたので
普通に購入

購入した食券を夫に渡し
券売機の隣にあるサーバーでセルフお冷を2人分注ぐ

夫がカウンターに座る時に食券を渡そうとすると
店主から「(そこに)置いておいてください~」

で・・・着席。

私たち以外に客は無し
店主、やたらと作業音が大きい
ガッシャンガッシャン
(チャーシューの仕込みをしていた)

普通はこの音で嫌になってしまうのかな?
(大きい音出している=不機嫌)

私はそういう人なんだなと思うので
あまり気にならなかった。
それどころか、もっと大きい音を出すのかという期待に変わる
(屈折しているかも)

よく行く近所のラーメン店で「対人苦手です」と顔に書いてあるような店主一人でやっている店も
似たような感じだから

でもその店は味にブレが無い
スープの味にブレがある店は多い

ブレが無いので仕事に対する姿勢は非常にストイックだと思う
ゆえにそこに向かうエネルギーで消耗し対人は苦手

バイトも雇わず自分一人で店を営業する人は
殆ど対人は苦手かなと
普通にコミニュケーションがとれていたら会社員でいけると思うし
会社に適合できないし、したくないから自営の道を選択するのだろうし
(どっかの誰かみたいに)

で、今回は最悪な店主を想像していたので
実際に行ってみて店主は普通でした。
許容範囲内

しかし、私たちの後に入ってきたお客さん(一人)が
食券を買わずに(見てない)座った時

「食券ですよー!(怒)」とお客も見ないで言う店主は残念。
そこはさ・・・「(嘘でも)すみませ~ん食券なんですよ~)と
お客さんを見ながら笑顔で言えばいいのにね・・・・

でも美味しかったので、また行くけどね



店主は今年、芥川賞を受賞した田中慎弥さんに似ていた(もっと若いけど)

こういう人を観察するの好きです。















未分類 | コメント:0 |
<<感謝企画 | HOME | ヴァイオレンスな日常?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。