つれづれなるまま

豪快な空き巣?

11月28日、母(姑)ベトナム&カンボジア旅行出発
帰国は12月3日の予定

その前、11月19日(月)の夜 
母は(夫の)兄宅を訪れた。

その帰り、兄と犬(太郎)に最寄り駅まで送られた母
「じゃあねぇ~バイバイ太郎~」と犬をなでたら
太郎(大型)が圧し掛かってきて
その重みに耐えられず転倒

頭に怪我をしてしまった。
酒も入っていた母は「大丈夫だよ~」とそのまま帰ろうとしたが
傷を抑えていたハンカチは大量の血でベットリ


それを見た兄も母も
「これ・・・ヤバくない?」となり
兄宅に戻り、救急車を呼んだ。

二針も 縫った
二針で 済んだ どう思ったか分かりませんが

そして休み明けの21日(水)
上記のことがあったとは知らない私
仕事をしている母の後頭部に何か不自然に光るモノを発見
う~~~~ん・・・どう見てもホッチキスだな・・・

その後、その理由を聞くことになったのだが
抜糸が来週月曜日とのこと
前々から旅行に行く前に白髪染めをしたいと言っていたのに
それじゃあ染められないじゃないの
仕方なく髪型でごまかして白髪が目立たないようにした。

まったく歳なんだから
のんびり旅行にすればいいと思うし母もそう思っているのだけど
相方が決めてきたプラン(ツアー)に文句は言えない
安いツアーは朝早いか夜遅い飛行機が多い

今回も8時に成田集合・・・・
始発で出ても間に合うかどうか
(シャトルバスは5時台から)

そういう早便に乗る人用に成田空港近くのホテルでは
安い早出プランがあるので、前日成田入りするようホテルを予約
そんなこんなで何とか28日に旅立った・・・・

一人でぼちぼちとお客さんをこなしていると
(昨日)接客中、二重ロックしてある玄関の鍵を開ける音がした
な・・・な・・・何事じゃ!!! すっごくビックリした。

豪快な空き巣かと思ったら
母だった

???????
まだ金曜日ですけど?

何でもベトナムに着いて移動中ウトウト眠って
起きたら左手が麻痺して動かなくなったそうだ
痺れたのだと思い必死にマッサージするも動かすことが出来ず
モノを掴むことも出来ない状態。

その時、抜糸をした先生が言ったことを思い出す
「傷から少しづつ出血した血が硬膜?を圧迫することがあるので
何か変わったことがあったらすぐに脳外科を受診するように」

ここはベトナム
動かない左手・・・・

万が一、ここで倒れたら・・・
言葉も通じない国の病院に連れて行かれ緊急手術になったら・・・

そう思ったら観光どころではないし
食事も喉を通らない

「帰ろう。とにかく日本に帰ろう」と添乗員さんにお願いして
チケットを手配してもらい(ビジネスでw)
一人帰国したのだった・・・

即効で脳外科を受診したが痺れの原因は脳ではなく
頚椎からのもの。

ひとまず安心したものの
せっかく行った旅行を一日で帰るハメになったり
一緒に行った人に悪いと思ったり
不注意から怪我をしてしまったことなどで
ガックリ落ち込んでいる母・・・

歳をとるということは
何でもなかったことが何でもあるようになり
何でもなく出来ていたことが出来なくなる
そういう自分を受け入れていく作業なんだなぁと思うのであった。







未分類 | コメント:2 |
<<赤鬼からの電話 | HOME | 10年の軌跡サンプル>>

この記事のコメント

硬膜下出血でなくて良かったー( TДT)

厄落としと考えて!!

ご無事で何よりでした( TДT)

ご主人、お兄さんがいらしたんですね。
2012-12-01 Sat 17:14 | URL | 瑠璃 #PkLqY056[ 編集]
厄落とし・・・
そう思えればいいですね
そうだそうだー!(強引に)
2012-12-02 Sun 22:13 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |