つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本末転倒!

日常生活の中で「おぉぉおお!」と感動したり感激したりしたことや
(大したことない話でも)
ほぼ100%の確率で、夫に話しますが
夫もそれは同じ。

だけど夫婦それぞれの感動、感激の対象物への興味は同じではないので
どちらかが熱く語るも、別にそれ自体に自分は興味がない
ただ義務で聞いているという場面はある。

というかそっちの方が多いかな。

最近、自分では「おもちゃギター」といいつつも
300%楽しんでいる、ぞうさん(簡易的エレキギターの名)

もうね・・・
本当にね・・・

いつ仕事してんの?と疑問を持つくらい
いつもいつも象とラブリーな関係です。

うるさいのでヘッドフォンをつけろ!
と願い購入してきたのに使わないって
どういうことだ!



えー・・・
そんな夫が馬鹿にしていた
なんちゃってギターを購入して
実は結構、すばらしいものだったという発見をしたそうです
(既にカスタムを始めている)

それに付随して
ギターの(エレキ)テクニックも
自分でこの人(名前忘れた)を超えるのは無理だろうと
数年前かそれ以上か忘れましたが
そう思っていたそうです。

ところが最近の若者(中学生・高校生)が自分でアップしたyoutubeなどの映像を見て
上手すぎて愕然としたらしい

そこで夫のギタリスト魂が炸裂してしまい
こうして私に被害が及んでいる。

「今、話す相手」として私しかいないから
私に 「お前に言っても分からないと思うけどさ~」と夫
「だったら言うな!」と言いたい気持ちを押さえ
興味の無い話を聞く引き換えにと、こちらも条件を出す。

「あんたの話、真面目に聞くからさ
私がお願いする面倒なことやってよ」

夫が分かったって言うから
散々、意味不明な(いや・・・意味は分かるがまったく興味の無い話)
※ちなみにギターの弦をピックで弾くときの技法の話だったかな

を延々と聞かされていたら
眠くなってしまって
酔っ払いだし。

夫にやってもらおうと思っていた「面倒なこと」をやってもらうのを忘れて寝てしまった・・・・









未分類 | コメント:0 |
<<鬼嫁の着道楽 | HOME | 後の祭り。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。