つれづれなるまま

燃費を悪くしたいって

脂肪燃焼サプリというものがある
興味は無いがボケーっとTVを見ている時にそれの宣伝をしていた。
その商品がどれだけ素晴らしいものかを大げさにアピールし
それを服用して痩せただの何だのかんだの・・・

食べた物のカロリーを無かったことにするとは
何たる無駄なことだろうか・・・

車には低燃費が求められリッター30キロとか
カブ並みの性能を持つまでに進化しているというのに
何故に人間はアメ車のように燃費を悪くするような物を求めるのか?
食物(カロリー摂取)とエネルギー(ガソリン消費)は違うのかもしれないが
それで動くのだからエネルギーとも言える

人間=車ではないが。

人間を動かすエネルギー源 食べ物(だけだとは思わないが)
車を動かすエネルギー源 ガソリン(が着火して爆発する力)

人間における低燃費は少ないエネルギー(食べ物)でめいっぱい働けることだと思う
昔のお百姓さんのように。

車でスポーツクラブに行ってランニングマシーンで走るってのも
非常に矛盾を感じる。(せめてそこで発電したら良いかと)


話がそれました。

穀類、植物(野菜)、魚や動物の命を頂戴して
それを糧として生きているのが人間じゃないのか

食べたもので自分の体は作られている
いただいたもので作られている

食べたいだけ食べたいが
太りたくないってのが根本にあるのだろうが
それは違うと思う

大食いな人は早食いである
だったら意識してゆっくり噛んで食べるということで
随分改善されるのかなと思う
(子育て地獄に落ちている時はゆっくり食事は無理だけど
子育てで動いているので、それでも太らない 多分)

また大食い、過食気味な人は食べることでストレスを発散していると思う
だけどストレスの原因を根本的に改善しないと
原因が無くならないので、また過食をする
この連鎖を断ち切れるのは自分だけだと思う。

自分の抱える問題の根本を探し当て
真剣に改善を試みないと問題は解決しない

当たり前のことだけど・・・

太っているからもてないとか彼氏が出来ない
結婚できないと思うのも違うと思う。

今、言っている「太っている」の基準は
渡辺直美くらいです。






未分類 | コメント:0 |
<<後の祭り。 | HOME | 浪費の後は>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |