つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怒らない(ようになりたい)

昨夜、結構しょうもない事で腹を立てておりました。
夫に対して・・・

んでそんな気分で寝たのです。

個人的な感覚ですが「怒り」は足が痺れた時のような感じの
もっと細かいビリビリした波動(波長?)として身にまとうか
体内に置いておくか、心に残っているか(漠然としてますが)
まぁ、怒りの感情を持ち続けているというのはそういうイメージ

すっごく怒っている人のそばにいると空気がビリビリしてませんか
何となく。

そんなとても良いとは思えない「怒り」に包まれて眠ったら
ロクなことが無かった。

私が大嫌いな(怖い)夢は自分の身体(精神も)のっとろうとする存在から
必死に逃げている。
人間ではないので、いくら逃げても無駄で
あっという間に追いつかれて監視されて
隙あらば肉体へ入ろうとする
追い詰められて「ギャーーーーー!」となって
自分の叫び声と共に目が覚めるか、ものすごく魘されているらしいので
夫に起こされて覚醒させられる。

昨晩も同様、夫の「大丈夫!大丈夫!」という声で
その恐怖から抜け出すことが出来た。

怒りの元ネタの提供者に救われるという
何とも何ともな結末。

やはり・・・・怒るとロクなことが無いという見本でした。








未分類 | コメント:0 |
<<中年の抵抗 | HOME | 目も悪いが頭も悪い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。