つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2012夏

10年以上前から夏は伊豆に行ってますが
過去一度も雨に降られた事はありません
いつも快晴過ぎるほどの快晴です。

しかし一昨年は震災の影響による?経済的な理由で断念
去年は夫の骨折により断念したので
伊豆は二年ぶり。  

ウキウキしながら
激安で宿泊できる施設を探しましたw
オートキャンプやバンガローなども調べましたが
自炊となると・・・買出し、食材の保存、調理、片付け
安いけどそれなりの労力が必要だしなぁ・・・

安い民宿だと6~7000円くらいで一泊二食付きなので
キャンプ場でテント張って自炊を考えると安い民宿が良い

貸し別荘も調べたけど想像していたほど安くない
+自炊(外食でも良いがその分高くなる)

なんて頭を抱えつつ宿を探していたら
みーつけた!

廃校になった小学校を改築した町営の宿泊施設
何が良いって料金が年間を通じて同額なのですよ
夏休みだから・・・
休日前だからって高くなる「足元見やがって的値段設定」では無いのです。

大人1人一泊二食付きで5300円!
素泊まりだと3200円と激安(夕食1400円・朝食700円)

一泊目はこちらに決定。



7月30日 早朝に出発。
とにかく家の子は車に乗った瞬間に寝る
ずーーーーっと寝ている
とにかく寝ている。

海が見えてきても、そんだけ絶景でも爆睡。

今回も(婿は家の子か?)

寝る①





そんな感じで田子せの浜到着!

田子せの浜


さて・・・私は早速コレ↓

これこれ

早朝ビール最高!



田子浜には対岸に無人島があります。
なぜだか皆、その無人島のことを「ガンダーラ」と呼ぶようになりました。
(写真に写っているのがガンダーラ)
私たちの間では「ガンダーラ」で通じますが
子供が先生などに「この間ガンダーラ行ったんだ~」なんて言ってしまうと
面倒臭いかんじになりそうなので「ガンダーラが通じるのは私たちの間だけ」と教えました

今回、ゴムボートでガンダーラに行き
そこで写真を撮影し「自由研究」にしたいと言う(次女が)
せがまれると断れない夫は即効でゴムボートを購入・・・

防水でないデジカメをどうやってガンダーラまで運ぶか・・・
ビニール袋に入れて持っていこうとすると
ウジケさんの妻Mちゃんがジップロックをくれた!

その手があったか・・・

夫と次女でガンダーラ探検開始

田子浜③


田子浜④

ガンダーラの洞窟探検写真は沢山あるのですが
とても地味なので却下。(そのうち次女がアップするかな?)

田子浜は波が無いので初海の孫次郎も全然平気でした。
次女が泳いでいるので自分も泳げると思ったらしく
ボートから海に飛び込もうとして周囲を驚かせました・・・

熱帯魚も沢山泳いでいて、とても綺麗。
散々海を満喫し、やまびこ荘へ移動




廃校になった小学校という事で宿に到着するまでは
それをネタに長女と次女を脅かしていた嫌なヤツ(私)


やまびこ荘


元学校なのでプールがあります。
プール

ふ・・・不審者じゃありません
犬連れで行ったので涼しい時間にお散歩です。
(やまびこ荘は動物の持ち込みNGです)

朝散歩

車が無いと不便です。

・・・・。





つづく




未分類 | コメント:2 |
<<2012夏 その2 | HOME | ひねくれた時給。>>

この記事のコメント

その値段はあり得ない!
良い情報を聞いた。
ウチも利用したい。
2012-08-04 Sat 07:27 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
はい。
探しに探しまくりました。

「やまびこ荘」は西伊豆だけでなく
他の県にもあるようです。
2012-08-04 Sat 21:43 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。