つれづれなるまま

お小遣いってそれぞれ。

我が家では子供が自分で稼げるようになるまでの「おこづかい」は
「家事手伝いポイント制」というオリジナルルールがあり
手伝いを(家事仕事)1回いくらで請け負うかなどの交渉は本人が申告してきた場合のみ
対応してきました。

※例えば長女は最初はワンポイントいくらで仕事をしていましたが
 途中から(中学生くらい?)月極めにしてくれと本人から申告があり 
 月給制にしました(一ヶ月、毎日の風呂洗い&食器洗いをするから3000円くれとの要求)

 息子はアフォなので、ずーーーーっとワンポイント30円で(小学校低学年設定)
 高校生になっても、その制度で家事をしていました・・・・
 ワンポイント30円って身を粉にして働いても(1日10回したとして)
 月額1000円に満たないという小学生対応ルール(20年前です)
 ある日、息子がワンポイント50円に値上げして欲しいと要求してきたので
 ようやくアフォが気付いたか・・・と思ったら
 友達にアドバイスされたらしい・・・・だーよーねー

 高校になったら遅刻やら(電車の乗り過ごしなどによる)が
 激しく、そのつど保護者が遅刻届を書かねばならず
 遅刻届けを書くのに一通1000円支払ってもらっていましたので
 常に貧乏、何度バイトの面接に言っても全て落ちましたので
 息子には家事しか残りませんでした(稼ぐ術)


えー
話がそれました。

次女のお小遣いは、ずーーーっと「無し」でした(現在中学1年)
主な収入源は「お年玉」(もらえる人が沢山いるので)
それだけで推定2~3万くらいにはなる(はず)

それ以外にも店に同行すれば母(祖母)が必ずお小遣いをくれるし
お客さんからも貰うこともある・・・

そんなこんなで次女は親と交渉して「お小遣い」を得るということのないまま
中学生になりました。

中学になるといろいろ
欲しい物も出てきたようで
先日「ペンタブ」を父ちゃんにお願いして落札しました。

それで正月にもらったお年玉が底をついた。

その件について考えていた
現在の我が家には、週に3回は孫預かりがある
まーた孫は添い寝をしないと寝なくなり
私は子供と遊ぶのも嫌いだが、添い寝はもっと嫌い(時間の無駄)
眠きゃ勝手に寝ろよ!思う。

まして自分の子供なら一万歩ゆずってアリかもしれないが
孫は・・・無い。

んで、遅ればせながらお小遣いが欲しくなった次女に「孫寝かし」という手伝いを
させようと企んだ。

その次に値段だ
週に3回・・・
1回100円にして週に300円X4=1200円
これじゃやらんな・・・

1回200円にして週に600円x4=2400円
これならやるかも?

と思っていた。
そして本日、次女に1回、いくらならやるか?と聞いたら
200円!と言ったので交渉成立した。



が・・・
1回100円で孫を寝かしてくれる人を求む。





未分類 | コメント:0 |
<<人が変わる。 | HOME | 昨日の続き。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |