つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

珍客 前編(仕事のグチとも言う)

長年、客商売をしてきても本当に「変な客」は少ない(と思う)
でも、たまーにいる。

Aさんというお客さんが紹介してくれたBさんという人がいる。
AさんとBさんは宗教つながり

Aさんはいたってマトモ
Bさんは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと変な人。
年齢は60代後半

ちょっと変だと感じるのは
予約時間通りに来たことが無い
(必ず遅れる)

でも、そういう人もいる。
キャンセルになったり、遅れても来たり
いろいろ。
別にそれは普通の範囲(だと思う)

この間は店に入ってくるやいなや
「先生(母のこと)に相談が・・・」と言って
隅っこの方へ

ま・・・相談と言えば「金」のことだろうな~と思いつつも
私は私の仕事をしていた。

後で母に聞くと、やはり「今、お金が無い」と言ったそうだ。
(後日払いに来るのでやってもらえないかという打診)

うーーーーん
駅から店までの道のりに何軒の銀行やコンビニがあるだろうか?
Bさんにとっては、ATMで現金を下ろすよりも
美容院の予約時間に遅れる方がNGだったのでしょう
(その予約にもかなり遅れていますが)

まれにそういったお客さんもいましたが
後払いOKにしていますので母は「いいですよ~」と承認。

それはそれで後日、支払いに来たので
問題なしですが
現金持たずに美容院行けますか?
そういう所がちょっと変。

で・・・別の日、そのBさん
いつも白髪染め&カットをするのですが
その日はカットだけして帰られました。

その一ヶ月後くらいに
白髪染めで来店されて(カット無し)
お帰りの際、普通に白髪染めの料金を請求しましたら
「今日はカットしていなから、その分は引いてくれないのか?」と仰る・・・
(白髪染めとカットはセット料金です)


あーーーー
面倒だ。

母はもう来なくていいと判断して
値引きはせずにキッチリいただきました。

こう来ないだろうと思っていたら
普通に次回も来店。

これ以外にも、今回は白髪染めで来店してカットしなくていいと自分で言って
仕上げして帰る段階になってから(セット終了状態)
やっぱりカットして下さい!と言ってきたり・・・
(やり直しかーい)

面倒。
(これは母が対応ですが)

で。 本日、そのBさんが来店されました。
やはり予約時間より30分遅れ

Bさんは、機嫌が良かったのか何なのか分かりませんが
自分が勤めている施設(室内プール・風呂・ジャグジー)の回数券を
あげる~と仰るのですけども・・・(65歳以上限定の)

母は近所のスポーツクラブの会員で
そういった施設はスポーツクラブに揃っているので
わざわざ電車に乗って遠方の施設に行く気も暇も、その気も無いので
断りました ほかに欲しい人もいるでしょうし
私は間に合っている的なやんわりとした断りでした。

幸い65歳以上専用チケットだったので
私はそこに巻き込まれることは無かったのですが
Bさん、納得いかなかったのか隣の席に座っているお客様Cさんに
回数券を押し付け、ありがたいがらさせチック?

空気の読めるCさんは逆らわず
お友達と行きますと告げいてました。

それを社交辞令だとも気付かず

私(Bさん)は「私は定休日の●曜日以外の●時~●時までいますから!!」
とアピール・・・・・・・・・・。

Cさん。
すみませんでした。
今、思えば行く行かないに関わらず母が「ありがとうございます!」と言って
もらっておけば、この後の惨事?にはならなかったかなと・・・後の祭りです。



Cさんは先にお帰りになり
Bさんがお帰りになる際、Bさんは自分が勤める施設に併設されているパン屋さんで
購入したパンを出し始めました(障害者が作るパン)

時間も遅かったので私は少し奥で帰り支度をしていたら
「奥さぁ~ん♪」とBさんの声・・・

会計時に目の前に母がいるのに誰かを呼ぶというのは私しかいないので
Bさんに「奥さん」と呼ばれることにいささか抵抗を感じつつ(笑)
「はい!」と答えると、「奥さんはチョコレート好き?」と聞かれまして
「好きですよ~」と答えると
「じゃこれあげる!」とチョコマーブルなパン、アーモンド添えを手渡されました。

内心、チョコレートじゃねぇじゃんと思いつつも
ありがとうございます。
ご馳走さまです!と答えると
今度は、母に「先生はどれがいい?」と聞きました。




続く。








余談

Cさんは東日本大震災で壊滅的被害を受けた
山田町出身で今も兄が行方不明。

一周忌の追悼際に参加すべく故郷を訪れた際い
お土産としてワカメを買ってきたけど
今日は持ってくるのを忘れてしまったと言っていました。












未分類 | コメント:0 |
<<昨日の続き。 | HOME | 分からないことを分かることは頭で理解しても仏にはなれなかった。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。