つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

里帰りは大変だ。

私は長女と長男の出産時、伊豆にいる母のところへ里帰りしました。
その時、姑が母親に
「しずがお世話になります」と言ってお金を渡しました。
(金額は不明ですが多分5~10万くらい)

当時、私はその意味が分からず
何で実の親の元に世話になるのにTJ家から母親にお金を渡すの?

と思い姑に聞くと
結婚したのだから、しずはTJ家の人間だ
TJ家の人間が世話になるから、その先(実家)にお礼(費用)をするのだと
教えられました。

ふーーーん
そういうものか・・・
と思いました。


時は流れ流れて 20数年。

さて、今度は自分が一度出て行った娘が出産で里帰りしてきた。

跳ね上がる公共料金・・・
(ガス会社・水道局から電話がかかってきました)
減りの早い米w

そ・・・そういうことか。
20数年を経て納得!


自分が里帰りしていた時は何とも思わなかったし
母親に恩着せがましく言われたかったので
考えたことがありませんでしたが
里帰りされる実家は、とても大変です。

なーのーでー
もっと親には感謝とけば良かったと思うが
思うだけだ・・・・ ダメだな私。


と。
それはさておき
最近、背筋も凍るようなことを言われました・・・・・・・・・

「私(長女)は3人兄弟で良かったと思うから私も子どもは3人欲しい」

ひぇえええええええ!

当然ですが
一人目は1人だから

ね・・・。 1人ですよ
2人目からは、入院中に上の子の面倒を見ないとならない
(当然ですけど・・・)


うそぉーーーん

想像しただけで憂鬱になる年の瀬です。
長女には(孫二郎が)保育園に入園してからにしとくれとお願いしました。






未分類 | コメント:0 |
<<振り返るけど忘れる | HOME | 汚い内容ですみません・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。