つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TJ線を継ぐ者。

TJ線・・・・。
路線ではありません


それは(夫の)父にあった目頭から頬に向かってある線のこと
(ゴルゴ13にもあります)
そんな父の息子である義兄も夫にもTJ線はあります。

当然のことながら息子にもありますが
長女、次女にはありません

女の子には出来なかったTJ線が
孫次郎にはあります。
ゆえに長女にも婿にも似ておらず、T爺に似ていると言われる孫次郎・・・

と言われて喜んでいるのは爺だけ
女の子だけど普通に男の子に間違えられます。
男の子断定バージョンで話しかけられる場合もあります。

孫次郎は目の色が茶色っぽいので
とても太陽光を眩しがり、ゆえに眉間にシワをよせ
晴れた外では常にガン飛ばし状態の目つきになります。
以前、ところざわ祭りに連れて行った時にハッピの袖口からチラチラ柄の見える『本職』の方から

「えぇ睨みきかしてるのぅ!」
・・・とお褒めの言葉を賜り

着ている服を見て
「女の子か? そりゃあ残念だ・・・」
・・・と意味不明な落胆をされて去っていったそうです。



そんな孫次郎、本日1才6ヶ月健診でした。

身体測定を終えると、4種類の絵を見せて
保健婦さんの質問に答えるって試練があります
(そういえばわが子たちもやったか?)

孫次郎。 
言葉は早い方です
いろいろ喋るし意味が分かります
でも、こちらの問いに答えるか?というと全然ダメ
(気分次第)

注意などの言葉は得に聞こえないらしくw
超危険なことを怖がる様子もないので本当に目が離せません

1才半の子から目が離せないのは当然ですが
そのレベルが違うのです。
ちょっと待ってね~なんて通じません・・・

だから私は孫次郎を育てるのは大変だと思っていますが
長女にとっては、それが(孫)普通なのです
(当然ですが)次女が孫と同年の頃のビデオを見せたら
あまりの(次女の)おとなしさに愕然としていましたが。


そんなこんなで本日、孫次郎は
保健婦さんの質問に、まったく答えることが出来ず
再検査に回されましたw

その後、再検査の結果
「多動」と烙印を押されました

そりゃそうだですが
保健婦さんからは「多動児」の扱いを教えていただき
これからは月に一度、電話がかかってくるそうです
一時保育に預けることも進められたそうです
こういう子どもは虐待される可能性が高いからでしょうね



孫は
①超健康体
②何でも食べる むしろ食べすぎだけどお腹も丈夫
③こけてもぶつけても、相当痛くないと泣かない
 むしろぶつけたことに気づかないw

だけど
①「危ない」が分からない
②とにかく動きを制限されるのが嫌いで
 自由にならないとキレる
③こちらの言うことが分かっても聞かないで突き進む
 (これは①と同じか・・・)


私の子どもたちはおとなしく、ビビリだったので
孫のタイプとは反対ですが
食が細く病気がちでしたので
生命体としては孫次郎タイプの方が生き残るのでしょうけど
無鉄砲だから事故にあう確立が高いしょうねw
それも夫と同じか?(やたらと事故にあう点)



みんなちがってみんないい
みんなちがってみんないい~














未分類 | コメント:0 |
<<ワンダーランド | HOME | 久しぶりにやってみた。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。