つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

苦手な掃除を実験的にすれば楽しいかも?

今日、実家にダスキンのお掃除が入った。(シンクとトイレ)
店が忙しかったのでプロのお掃除をじっくり見ることは出来なかったけど
お掃除に関しての参考になる話が聞けました。


私がダスキンの扱う洗剤で、風呂のゴムパッキンのカビを落とせる物は無いものか?
と聞きますと・・・ダスキンの社員さん?は自社製品をお勧めすることなく
「どこの洗剤も成分に大差は無いので、ダスキンの製品だから特別落ちるということはありません」

ですと・・・。

以前、ダスキンの油汚れ落とし洗剤が良く落ちた記憶があったので
「油汚れの洗剤は良く落ちましたよ(他のと比べて)」

と言うと・・・。

私(ダスキン)は「マジックリンが一番落ちると思います。あ・・・商品名言ってしまいました・・・」
(油汚れには)

ま・・・マジっすか!
(マジックリンは家にあるぞ)

洗剤自体よりも洗剤の温度が重要だそうで
マジックリンは湯煎して50度くらいにして使うと
素晴らしいパワーを発揮するそうですよ!
(この技?はプロも使うらしい)
本当は90度くらいがベストなんだけど
それだと熱くて使えないから50度なんだそうです。
(レンジで加熱はだめよ~)

研磨系は「ジフ」が一番だそうです
(お掃除のプロ談)



さて・・・風呂のゴムパッキンのカビについて・・・

別にカビキラーじゃなくて
キッチンハイターでOK(要は同じもので 次亜塩素酸)

で・・・。
この次亜塩素酸は時間が経つと開封していなくても効力が落ちるそうで
だから古くなったハイターは安売りするんですと!

とは言ってもまったく効果が無くなるわけじゃないから
食器の漂白くらいは問題ないのでしょう
カビなどのしつこいものを落とすのには
「安売りじゃないハイターを購入する」
これがかなり重要なポンイントだそうです。



パッキンが黒くなっている部分はカビの根が中の方まで伸びているので
ハイターを長く滞在させる必要があります
まず、台所用洗剤を(シャンプーでも良いそうです)指でパッキンの上に塗ってから
ハイターをかけてゆきます。(キャップなどを使って)
ハイターを密着させるために台所用洗剤を使うので
ティッシュなどを細くして、同様に使用しても同じ効果だそうです。

より長い時間、ハイターがカビ部分に密着することで
根の部分にまで到達させるそうです

でも・・・あまりに酷い場合はパッキンをやり直す方が良いそうです
そんなに難しい作業では無いです(やったことないけど)

今度やってみようと思います
(カビ取りしてダメだったら)






未分類 | コメント:2 |
<<実験という名のただの掃除 | HOME | 呼び名  ~孫編~>>

この記事のコメント

勉強になりました!

今度やってみます(^^)

2011-10-21 Fri 18:41 | URL | ゆみ #-[ 編集]
時間があればもっといろいろ聞きたかったのですが短い時間の中で丁寧に教えてくださいました。

お試しください^^
2011-10-21 Fri 22:20 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。