つれづれなるまま

お知らせとトイレの話。

感謝企画は受付番号145まで結果送信完了しました。
お待たせしてしまってすみません
明日でお申し込みいただいた全ての方に返信が完了する予定です
沢山のお申し込みをありがとうございます







私どもが行くキャンプミーティング(夫の出店の場合とプライベートキャンプ)
会場が元々ある施設を借りて開催する場合は良いのです。

例えば、ある団体が東京サマーランドを冬場に借りてのキャンプミーティングとか
これは、サマーランドの施設(といってもほぼトイレのこと)を使わせていただけるので
ありがたいです。

そうではなくて会場が上下水道が無い環境でのミーティング出店も多々あります。
山とか河川敷とか
そういう場合は仮設トイレが設置されます
建築現場などでよく見るアイツです。

簡易トイレにタンクが付いていてそこに水が入っていますが
昔のボットン便所と同じです。
だって下水無いのだから・・・


キャンプ開催当日はまだいいんです・・・
辛いのは翌日で
簡易トイレの扉を開いただけで便意喪失するくらいオーマイガ!です。

簡易トイレはただ置いてあるだけなので
山だと平らな地面は殆どありません なので
トイレに入る時も、入っている間も、隣のトイレに誰かが入った時も
グラグラ揺れるのです。

実に落ち着かない。
小はいいとしても大は無理
でも そこは生理現象なので困ります

で・・・私は考えた
そんなオーマイガな簡易トイレでするくらいならば

バケツ
ビニール袋
ペット用トイレシーツ
の順にセットして自分のテントの中でやっちまえばいいんじゃない?計画。

実際にやってみたら
実に快適だったけど

出すまでに葛藤があった
それは大げさかもしれませんが、出ないんですよ
トイレじゃない場所で出すのは
出そうと思っても なかなか出ない

例えば今、オムツをしてそこにしてくださいと言われても
なかなか出せませんよ

勇気のある方は試してみてください
実際に看護学校では、学生がオムツをあてて放尿する実践授業があります。
(その後、感想文を書かされるらしい)


震災の被害が大きい場所では上下水道が寸断されて
トイレが普通に使えない場所が沢山あると思います。

山林のある場所なら良いのですが
都会に(土のない場所)住んでいる人ほど
緊急事態を考えた備えが必要だと思います
(野グソができない環境にお住まいのかた)

バケツ(便座代わり)
ビニール袋(格納容器として)
ペット用トイレシーツ(放出されたものをキャッチするもの)
これで簡易トイレが完成します。

長期に渡る場合は自分専用のバケツを用意し
シーツの容量一杯まで使い、満タンになったらビニールを閉じて
ゴミ収集車が来るその日まで待つか、土に埋めましょう


つづく




未分類 | コメント:2 |
<<送信完了のお知らせと昨日のつづき | HOME | お知らせとエトセトラ>>

この記事のコメント

うちの子が赤ん坊の頃挑戦したことがある。当時私は二十代。
夜中にトイレに行くのが面倒なので(赤ん坊の世話で疲れていたので)よし、おむつをあてて布団に寝たままでおしっこをしようと試してみた。しかし、どうやっても出ない。おしっこは漏れそうなのに出ないので驚く。意志の力では無理なんですわ。

大人になると寝たきりでおしっこは出来ないのだ、と悟りました。
寝たきり老人が寝たままでおしっこ出来るのは、並大抵のことで無いのだな、と分かった。つまりもう大人の脳では無いのだろう。

と、様々な実験をしながら今日(こんにち)までやって来ました。(ただの横着モノだけど)
2011-05-07 Sat 06:51 | URL | if・・・ #/hd7hqp6[ 編集]
小も出せないのだから大はもっと無理ですね
寝たきりにならないように気をつけなくては・・・
2011-05-07 Sat 18:53 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |