つれづれなるまま

姑に従順な嫁

10~20年前くらいまでは自宅に寄付金を募る人が訪問して来たように感じます。
建て直す前の家はインターホンが無かったので訪問者はドンドンとドアを叩き
あいよ!とドアを開けて応答していました。

寄付をしてくれという申し出には、そんなに寄付がしたいならば
お金をくれるかくれないか分からない家を一軒づつ回るよりも
自分が働いて、そのお金を寄付しな! ・・・と言っていました。

別のパターンでは
「こっちの方が寄付して欲しいくらいだ!」
・・・・とか(マジ貧乏だったので)

勧誘などもそうですが
私はそれらのものを断ることに何の罪悪感も感じません

しかし母は断れないと言い 
寄付、電話や訪問勧誘の対応を私にフリます
で・・・私がキッパリと断り追っ払うのですが
そのやり方(言い方)がキツ過ぎる、そんな断り方をしたら逆恨みされるかもしれないから怖い
っつーんですよ・・・
家に火をつけられるかもなどと心配する
んな営業一件、寄付一件を断られたからって犯罪者になることを選ぶ人がいますかね?
いるかもしれませんが超少数だと思います。

ウチの夫なんて店里強の勧誘に対して「ぶっ●すぞババァ!」ですよ
家が何軒あっても足りませんわよ


先日、店のそばで携帯電話で話しながら、あちらこちらを見回している男性がいる
空き巣は、ああやって事前に下見をするのよって母が私に言うのです・・・
要は、怪しい男性を追っ払えってこと。
姑であり、仕事上の上司でもある母の命令は絶対ですw

なので自動ドアごしに般若のような顔をして、その男性を凝視すること30秒・・・
不気味な視線に気づいた男性は退散しましたが
防犯に一役買ったのか、ただの危ない人と思われただけなのか
真相は分かりませんが、きっと後者のような気がします。


姑の命令に素直に従う嫁の話でした。






未分類 | コメント:0 |
<<共に生きる | HOME | 身の丈の生活>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |