つれづれなるまま

身の丈の生活

長女にかけていた学資保険が満期になった時
これは長女のために貯めたお金だから
長女は通信で大学教育を受けたいと言っていたので
その費用に使うとか、家を建てる時の頭金の一部として使えば良いかなと思っていました。

婿が転職をしてから収入が月額10万くらい下がってしまい
生活が大変になったことと、現在よりも収入が良かった前年度の年収を元に今年度の税金は課せられるので
それが払えない状態であるということを理由に、その満期金が欲しいと申し出てきた。

元々、長女の為のお金だから長女に渡すのは構わないが
理由がね・・・

比べるのはどうかと思うけど
私たちは出来婚なので、いきなり貧乏だったのですが
長女達は高校卒業後に結婚して、しばらくは二人で働いていたので
わりと余裕のある生活をしていましたが、それはいいんですよ。
自分の稼いだ金を使っているんだし

しかし妻は出産すると、しばらく働けなくなる。
夫の仕事だっていつ、どうなるかなんてわかりません
だから裕福な時ほど備えておかないとならないんですが
実際には、そんなこと出来る人は少ないでしょう
私も出来ませんでした。
なぜなら収入が少なくなって(または無くなって)から初めて今までは恵まれていたと実感できるからです。

月収30万もらっていたら30万の暮らしをすればいいわけで
月収20万ならば20万の暮らしをすればいい
月収10万ならば10万の暮らしを・・・
身の丈の生活ということです。

だけど若い時はそれが分からない
というか痛い目にあわないと分からないのです
痛めにあってもわからない人もいます。

私はバブル世代ですが微妙にズレているのでバブルの恩恵?はありませんでした。
夫が事業を始めた時にバブルが崩壊したので、その後の辛いイメージが強いです。

私の同級生達で結婚した人で現在も続いているのは私達と親友Hちゃん達だけで
あとは皆、離婚しています。
原因は夫(不動産関係)の借金問題です。

当時、ハブリの良かった不動産業会
しかしバブル崩壊しても裕福だった時代のやり方が変えられず
収入は激減したのに、リッチな時と同じ生活を続けたゆえの借金・・・
気づけば自分名義の借金までされていたということで離婚。




長女の話に戻ります。
満期金を長女に渡して、ズルズルと生活費に流れて消えてしまうよりも
「今」の「夫」の収入で生活する方法を学ぶ必要があるのです。
なぜなら、それは応急処置でしかないからであり
いつか大問題に発展するからです。
・・・という説明をしてから、それでも満期金をクレと言うなら
いいよと伝えました。(脅してません)

長女はしばらく考えて
私の言うことを理解してくれました。


私ほど(笑)アホじゃなくて良かったと思いました・・・

自分の思う『当たり前の基準』を下げるのは案外、難しいよという話です。





未分類 | コメント:0 |
<<姑に従順な嫁 | HOME | 不安な気持ち>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |