つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

老人と子供に優しくない住宅

5年前、自宅を建替えた時は乳幼児も、体の不自由な老人もいなかったので
我が家は2階がリビングで何の仕切りも扉も無しに階段がある・・・


反バリアフリー


現在、毎週日曜の夕方から孫次郎を預かるのだが
10ヶ月の孫次郎には階段から落ちることがどういう事だか分からないので
仕方なくこのような状態になっている。
(ニ脚のカウンターチェアーが防波堤代わりに横たわってます)

未来を予測して物事を決めることは難しいものだ・・・
でもまあ、子供(孫)が小さい時などわずかな時間だけだから応急処置で凌ぐ
という考え方も出来る。

落ちなければいいってことで





未分類 | コメント:0 |
<<母親不適合者の独り言 | HOME | トラノイヲカル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。