つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

望みは~望まないこと~

この世に生まれた段階では、どんな人の才能や資質などは、ほぼ同量を持っていると思う。

赤ちゃんの頃は、立っただけ、片言でしゃべったり、可愛いしぐさを見せるだけで
赤ちゃんを褒めて、親も幸せな気持ちになったことを忘れ。
次第に子供が得意なことを誉めることよりも、苦手なことを出来ないと責める方が多くなる

子供が健康で生きていることをすっかり忘れて
子供を責める、 じゃ・・・おめぇは出来てたのか?

誰にだって得て不得手はあるのだから、得意なこと(好きなこと)をする方が
伸びるし自信もつくだろう。   
しかし、私が知っている小学校などの教育は、いろんなことがまんべんなく
適度に出来ることが重視されているように思える。

自分が得意だと、やってて楽しいことを選択してゆければ良いだろうが
苦手なことを、出来ない!出来ない!やっぱり出来ない!
(私の場合は数字が苦手)
と烙印を押され続けたし、そういう人は多いのだろうなと思う

ここで、自分が得意なことを十分にやらせてもらえて
自分がやりたいことを、やっていれば結構幸せだし
人を羨む程度はあるかもしれないけど、妬んだり、憎んだりは
しないのではないかと思う、それらが非生産的だと思うだろうし
興味も持たないかも・・・・・・・・

では、その逆で出来ない劣等感ばかりを押し付けられて
自分は無能な人間だと、無能な親に刷り込まれ
養育されてしまった人はどうだろう

自分が心からやりたいことをやって、楽しそうにしていたら
それを、自分には無い才能を持っていると妬んだりするだろうか・・・

羨ましいな、と思う程度か、嫉妬心をメラメラさせて
何とかソイツが不幸になるよう願い、悪口をいいふらしたりして
日々、地獄の心で生きるのか?
それが、その人の当たり前なのか?


世界平和になる方法を考えていて
個人のレベルで、皆が仲良くできなければ
世界が平和になることはありえない
では、何故、個人レベルで仲良くできないのか?

根本的に、自分に無いものを人が持っていることに劣等感を感じるからでは
ないだろうか?

人にはタイプがあるのだから、Aさんが得意なことでもBさんは不得意
でもBさんが得意なことは、Aさんが不得意。
得意な人が、得意なことをすれば良い話であって
それを他人と比べる必要はまったく無い

自分に無いものを持っている=憎い・奪いたい
になる図式は、まず自分の価値を他人と比較するから生じるものと仮定

これは自己愛が無い
自律していない
適度な自尊心が育っていないなど
原因はいろいろだろうけど、大方ネガティブな刷り込みによるものではないかと思う



ヴィジョンクエストタロットのどのカードだか忘れたけど
解説に「より少ないもので満足する・・・」と書いてあった
それを読んだとき、私が求めるものはこれだ!と感じた。

アバターの中でも、肉体も借り物でいつか大いなる存在(名前忘れた)に返す
ということを言っていた。

相手を羨む、対象が「得意」なことでも、「資源」でも
それは同じことではないだろうか。。。。


自分に無いものを、無いーーーとか
自分が苦手なことを 出来ないーーーーとか
言ったり考えたりしている暇があるならば
自分がやりたいこと(好きなことを)思いっきりやって
自分を輝かせて生きること
自分も、周りの人も。

そういう人が増えることは世界平和に繋がるのかなぁ・・・・・・・・・
うーーーーーーむむむむ
難しいな・・・・・・

だから実現してないのか。
ちくしょう


未分類 | コメント:2 |
<<2年ぶり | HOME | ある歯科医 2>>

この記事のコメント

無自覚に自分を責め続けている時って確かにある‥
無駄なパワー使ってますね。やーめた。
リーディングで紹介していただいた中尾さんの本、
今日注文したので読んでみます^^
2010-05-03 Mon 21:06 | URL | yumi #-[ 編集]
自分のパワーは、本当の自分のために使うのが
良いかと思います^^
2010-05-04 Tue 20:05 | URL | しず #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。