つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ある歯科医

ある歯医者の話を始めて聞いたのは15~18年くらい前でした。

店のお客さんが、自分の親戚の息子が歯科医を開業したいので
お金を都合して欲しいと頼まれたが、その息子も親も信用できないので
断ったというような話をしていました。

たまたま、その歯医者が家の近所だったので
あそこの歯医者のことだなと思いました。


その後、母友(美人)から、その歯医者の話を聞きました。
その内容は本当に酷かったです。
母友もバカっちょなのですが、もっと酷いのは歯医者

その歯科医は、母友にセクハラをしたのです。
その治療のタイトルは、「お腹のマッサージ」だったそうです・・・

拒むことも出来ずに、されるがままされて
やっと開放された時、次回の予約をどうしますか?と
受付をしている、その歯科医の母親に
「先生にお腹のマッサージをされるから、もう嫌です」と言うと
「それはしないように注意しておきますから」と母親・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

母友からその話を聞いた時は
それはおかしいということなどなどを説明しましたが

あの歯医者は酷いなと
私の中に資料が一つ追加されました。



つづく


未分類 | コメント:0 |
<<ある歯科医 2 | HOME | 長女が自分を客観視して書いた記事。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。