つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

怒星

ゲートウェイエクスペリエンスの全6巻を揃えることができました。

8月も終わるというのにこれから3にチャレンジ
全部を体験するには来年いっぱいかかりそうです。

通常、寝る時にヘミシンクのCDは聞かないのですが
あまりの嬉しさに6巻の3枚目CDに書いてあった
フォーカス21ってどんななんだろう?
と思い全てをすっ飛ばして寝る時に聞いてみることにしました。

変性意識に入ると私は宇宙空間にいて
目の前には土星がありました。

わ~~~
すご~~い
土星だ~~~

とバカ丸出しで感激していたら
後ろから「そうだよ」と声がしたので
振り返るとマサトさんがいました。

せっかくなので是非、土星に降りてみよう!と
飛び出すと・・・

土星の輪を形成している石?がゴーンと後頭部を直撃しました・・・
その後もいろいろあったのにあまりの衝撃で忘れてしまいました。

ちゃんと段階を経て来なさいよ!
と怒られたようです。

地道にコツコツやろうっと・・・




スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 |

スーパー

家から一番近いスーパー「いなげや」
ここはあまり安売りをしない。
友人や妹は「いなげや」は高いと言う

私もそう思う
でも私はいなげやで買い物をする
なぜなら近いから
子供が3人いた頃は食費もすごかったので激安スーパーに言っては買い込んだものだけど
今は3人だし少ししか買わないので
まぁいいかと(思考停止)
わざわざガソリン使って遠くの安いスーパーへ行くのもどうかと思うし


最近、近所に激安スーパーが2件できた。
家から近いので自転車で行ってみると
これが非常に安い
というわけで近頃はいなげやに行かなくなった。
少ししか買わなくても
同じものなら安い方がいいし。
というわけで、友人や妹が言っていた「いなげやは高い」をやっと理解した。

だから姑に「あんたは経済観念が無い!」と言われるわけだ



未分類 | コメント:0 |

相棒は痴呆

先週末、夫は出店のため長野へ・・・
日曜の夜に帰宅、出店は非常に疲れるため
その日はバタンキュー

翌朝、売上をチェックしたりカード決済の手続きをしようと
カード売上伝票をリビングに持ってあがったまでは覚えているが
そこからの記憶がなく伝票が無いと探していた。

しかしその日私は一日中家にいたし
伝票など見ていない。
夫から生活費を渡された時も夫は現金のみを持っていたので
絶対に伝票はパパ小屋にあると思っていた。

目の前のものも無い!という奴がどれだけ探したと言っても
どうせ・・・と思い必死に探す夫を尻目に「リビングで見てない」
よってパパ小屋にあるはずだ!と主張。

いよいよ見つからなくて焦る夫・・・

自分の部屋を探すも伝票は見つからず
車の中を探すも見つからず・・・

何でその日の朝のことも思い出せないんだよ!
とムカつきながらも伝票が無いのは非常に困るので
本気モードで事情聴取から始めた。
気分は杉下さんw


朝、伝票をリビングに持ってきたことは確実。
で、作業をしようと思ったけどお茶を飲んだりトイレに行ったりした
そのときにカウンターに置いてある水槽の横に伝票を置いた

で・・・
売上伝票は言わば現金と一緒
そんな大切なものをポンとそこに置きっぱなしにするかね?
置いたとしても風などで飛ばされないように重石をするだろうし
重石をしたとして伝票が見えなくなるほど被せたりはしないだろう
飛ばない程度なら半分も抑えておけば大丈夫だし

すると夫が失くしてはいけないものだから・・・
ポケットにしまったかも・・・・と新たな情報が!

しかし当日の夫の着衣にポケットはない

すぐさま夫が脱ぎ捨ててあったGパンのポケットを探すがない
そりゃそうだ、夫がここにGパンを脱いだのは日曜の夜だし
売上も売上伝票も原則的にウエストバックにいれて肌身離すことはない

リビングで見ていないという自分の考えを元に
パパ小屋の捜索を開始する前に1階、玄関、寝室、トイレをチェック
(手袋とマスクを着用し今度は鑑識モード ただ単に夫の部屋が汚いからだけど)

その時私は一つの光景を思い出した。
それは昨夜の夫が寝ている姿
自分も寝ぼけていたがその格好に違和感を覚えたのだ。

その夜は涼しくて窓を開けていたら寒いくらい
なのに夫は何もかけず冬用のネルシャツを着て寝ていたのだ。
理由は簡単、出店に自分のブランケットを持っていき
そのまま戻していないから夫のかけるものは寝室には無かったから
クローゼットから引っ張り出して着た。

夜寒いネルシャツ着る→着たままリビング→だんだん暑くなる→ネルシャツ脱ぐ→日中更に暑い→ネルシャツのことなど忘れる

だから・・・伝票はネルシャツのポケットにある!!!
と閃いた(大げさ)

リビングへ戻り掛けてあったネルシャツの胸ポケットを除くと
ビンゴ!

私が伝票を見ていないのは夫は私より先に起きてリビングへ上がり
伝票をポケットにしまいシャツを脱いでそのまま忘れてしまった


「お前は天才だ~~~~」
「お前は神だ~~~~~」
と伝票が見つかった喜びに浮かれる痴呆症手前?の夫に対し
非常に不安になりました・・・


教訓 売上伝票は速攻回収すべし!



「わかった!」と言ってシャツのポケットから伝票を見つけた私は
ものすごいドヤ顔をしていたそうだ・・・




未分類 | コメント:0 |

結果

面接をするまでもなく
(勤務時間も問題で)
惨敗しました・・・



チックショー

めげない。
未分類 | コメント:0 |

意外と勇気がいるな。

生涯で人はどのくらいの職種を経験するのだろう?

正直に書くと履歴書の行が足りなくなる夫が身近な人物なので
それと比べると自分の経験した職種は少ない(と思う)
多ければ良いってもんじゃないだろうけど・・・

私は面接に落ちたことがない
でもそれは高校卒業までの話で
そこから先はブティック店員→夫の実家の美容院なので
今まで受けた面接は3回(受験を除く)



そしてこの歳になって
私は面接を受けることにした。(なんか偉そう?)

私は社会経験がほとんど無いので社会勉強をしよう(したい)と思う


さあ。。。
写真付きの履歴書持って面接受けるぞ!


落ちたら笑って~~~~~(結構真剣)



未分類 | コメント:0 |

今更右京

本当に今更な話です・・・

近頃、「相棒」にハマっております
少年Hの番宣なのか昼に2時間ものの再放送があったり
夕方から二話連続か一話のみとか
自分が見れるのは見てます
非常に面白い・・・

水谷豊さん演じる杉下右京
超かっこいい

あの観察力、洞察力、推理力
凄い!

杉下さんの相棒はいろいろですが
亀山さんとのコンビが好き。

相方がミッチーさんのは1~2話くらいしか見ていませんけど・・・
六角さんも素敵です。



で。。。
最近、相棒が好きで面白いと思うんだと夫に伝えると

「オメェ~フザケンナ」

ですと。

夫が言うには去年か一昨年の正月に「相棒」スペシャルが放映されていて
それをみて、相棒おもしれぇ~と思ったんだそうです。

しかし
夫婦まったりTVタイムにおいて
どれを観るかというのは夫婦のパワーゲームであり

当時の私は刑事ドラマ系のものは「つまらない」と決めつけていたので
「相棒」の面白さを知った夫の意見を却下したのです。

で、夫は素直に「妻はこういうのは好きではないんだ」と
あっさり妥協した。

それによって私の相棒デビューが遅れたわけですw
今更、それをリスペクトする私は時代遅れですが



相棒はすごく面白い・・・


未分類 | コメント:2 |

無題

福知山での花火大会で爆発事故がありましたね・・・

(夫が)出店時に使うのでガソリン携行缶や発電機を所有しています。
車に給油する時には分かりにくいけどバイクの給油する時は
給油口からユラユラと蜃気楼のように気化したガソリンが出ているのが分かる

車に給油する時ガソリンキャップを開けると
シューっと音がします。
あれは気化したガソリンが抜ける音。
(説明が雑ですが)

携行缶もガソリンタンクと同じなので
給油する前にタンク内にたまった気化したガスを抜く必要がある
(ガス抜き弁がついている)
扱っている人にとっては、それは常識であり
それをしないと超危険。

当然ですが発電機は使用し続ければ熱を持ちます。
発電機の側にガソリン携行缶は置かない方がよいですが
この暑さですから、どこに置いていても
温度は上がってしまいます
もしも近くに火ダネがあったら・・・

なんてガソリンや発電機を扱ったことがない人でも
それがどれだけ危険なことか予測できるのではと思います。

煙草を吸いながら
いや・・・火のついた松明を持ちながら給油するのと同じこと。
出店業にはガソリンと発電機は必需品。
危険物であることを忘れてはいけない
(発電機は危険ではないが動かすにはガソリンが必用)

火傷を負われた方々が一日でも早く回復されますことを祈ります




少し前の事件ですが夫が妻を殺した
殺害した理由が2歳の子供の教育方針が妻と合わない・・・

40歳を過ぎて子供を授かり親になったのに
2歳の子供に何を教育するというのだろうか?

2歳だって親同士が喧嘩しているのは分かる
夫婦であっても意見が違うのは当たり前
だから話し合い時にはぶつかって喧嘩もするけど
お互いの妥協点を見つけていくものではないのだろうか

2歳の子供から母親を奪い
自らは殺人犯となった父親(たしか50歳)

何だか虚しくなった。











未分類 | コメント:0 |

鉄萌え

先日再び体脱した。

ヘミシンク中ではなく
普通にリビングで横になっていた時に足の方から「痺れ」がやってきて
それが上にあがってきたので直感的に「いける!」と思った。
「痺れ」が上半身に上がるまで待ち胸くらいに来た時に
エイヤ~!! 起き上がろうと試みるが失敗・・・

ならば・・・と左に転がってみるがこれも失敗
コンチクショー!と反動をつけて左に転がってみたら
ボテっと落ちました(肉体から出れた)

相変わらず自由度が少なく視界も悪いです。

手元に本(ロバートモンロー氏の)が無いので間違っているかもしれませんが
体脱して現実に自分の肉体がある所がローカル1として
そこでは無い場所に行ってしまうことがあり
これをローカル2とすると
私はローカル1に行けたことがありません

現実の世界で自分の肉体がある場所とそっくりだけど
微妙に違う(それは後で分かることだけど)

今回、体脱した時
私が横になっている頭の先には次女がPCをいじっていた。
夫はいなかった(現実)

なのに体脱した私は立ち上がり
(いるはずの次女はいなかった)
換気扇の所で煙草を吸っている夫の所に行き
モンロー氏もやったという
体脱した肉体で夫のもとへ行き
思いっきり脇腹をつねってみた。

特に夫は反応しなかったと記憶している
私をすり抜けて夫は下へ行ってしまった
そこでドスンと肉体へ戻った。

で、夫にコレコレで脇腹つねったんだけどと聞くと
「何も・・・」とのこと
そりゃそうだ
私がいけたのはローカル1ではなかったから

時間にしたら1~2分だ。
逆にそっちの世界(ローカル2)は何なんだろうか?

それがパラレルなのだろうけど
今度は体脱した後に自分の肉体を確認してみようと思う。
(いつも立つことに必死で確認する余裕がない)



それはさておき
パシフィック・リムを見てきました。
3D吹き替え(3Dの字幕はアバターで懲りました)

ストーリーは分かりやすい
CGは凄い・・・よく造った!と・・・

巨大な鉄物マニアにはたまりません
人間とメカの融合が大好きで萌えます!

昭和のロボットアニメ
コンバトラーV
マジンガーZ
グレートマジンガー
ライディーン
鋼鉄ジーグ
あたりがツボなので
(ここにガンダムとエヴァが入らないのは年齢的なものです。)

ロット使いのTさんが鉄人28号と例えるのも納得
(メインロボはダサ素敵)

もうたまらんです。

チェーンソード萌え!!


今でも昔のアニソンをyoutubeで聞き始めたら止まらなくなり
魂が震えるのを感じます。
そこで自分エネルギーを供給できるのです。

まさにパシフィック・リムは
そんな私の鉄のぶつかり合い萌えと
人間と鉄の融合満載で満足です。

で・・・映画を見ると自分に置き換えてみたりします。
自分は誰とドリフト(自分以外の人と一体になること)できるだろうか?
って。 ベタなことを

目的が戦闘ならば夫しかいない。


足でまといだと言われそうですけど





未分類 | コメント:2 |

シリウス大戦w

それは非言語通信だった。
陰陽使いYさんからテレパス
8月のある日、都内某所でシリウス大戦があるので
その戦いに参戦しろという命令が下された。
おそらくこのお調子者の性格を見抜かれ
鉄砲玉として使うためだと予測される

その日はこの夏一番、地獄のような暑さ
参戦すべく駅へ向かうと凄まじい向かい風の突風が
行く手を阻むかのようだ。

ゴロゴロと激しく雷が鳴り響き
次の瞬間、都内方面に天空を割るような稲妻が走った。

荒れるな・・・
なるべく自分の予感が外れることを祈りつつ
電車に乗り込む。

待ち合わせ場所に着くとすでにYさんはスマホで戦いの場所を確認していた。
指令によると戦いは日没の少し前から
腹が減っては戦はできんということで軽く食事をとることにした。

当然、これから出向くのは戦場
どのくらい長引くのかは分からない
私はパスタとハーブティーを注文
Yさんは麺類と・・・・・・・・・・・・・・・・・


まさかの生ビール





ま・・・まじっすか・・・・
映画・・・じゃなかった決戦前にアルコールINですか・・・・
寝てまうやろ

そうですか・・・・・



私は勇気を振り絞り店員さんに
先ほどのハーブティーをキャンセルで生ビールにしてください・・・

決して意思が弱いわけではない
空気を読んだだけです


Yさんが集合をかけたのは私だけではなかった
私たちが人生最後になるかもしれない美酒をかっくらっていると
そこにはタロット使いのKさんが現れたではないか!

Kさんは迷うことなく「生ビール!」
・・・・・・・・・・・・そ。そういうものなのね

もし眠気に襲われたら、それを「変性意識」と呼ぶことを決定した。



Kさんだけではなく
ロット使いTさん、巫女のAさんが第二部隊として後から参戦すると知らされた
そして紅一点ならぬ黒一点のK吉さん
彼はどうやら、いざという時の為の生贄要員らしい。

K吉さんも迷わず生ビールを注文していた。
そしてあっと言う間に飲んでしまい
遠慮がちにグラスワインを追加注文
すると「じゃ私も~私も~」と全員がグラスワインを頼むではないか

ここはソルジャールールに従うべきだろう・・・
「あ、じゃ私もグラスワインの赤をください」

皆がワインを飲み終えた頃
時は来た
私たちは決戦場所へと移動した。


打ち合わせ通りのフォーメーションを組み
K吉さんを最前線に投入し様子を伺うが
あっという間に捕らえられ
粗末な椅子へ座らされ
そのままの状態で約3時間、尻の痛みと共に
一瞬でも見逃すと意味がさっぱりわからなくなるほど
訳が下手で、読み終わる前に消えてしまう字幕と
必要以上の大音量という一方的な攻撃を受けた。

敵の総長は金髪に青い目の長身男性
やたらと日本語がうまい
もしかすると中に日本人が入っているのかもしれない・・・
パックンにそっくりだ。

敵の言い分は三つ
①※国の軍はUFOを隠蔽している
②宇宙人は友好的である
③フリーエネルギーは存在する(一部の権力者がそれを隠している)

・・・というネットで検索すればすぐにたどり着きそうなものであった。

最後に質疑応答の時間があったが
もはやそれはどうでもよくなり
皆、頭にあったのは・・・・この後のビールだけであった。

ようやく解放された私たちは一番先に会場・・・じゃなかった戦場を後にし
繁華街を目指した。

手頃な店を見つけ乾杯をし
再度、酒を交わせる喜びに浸っていた。

そんな時、誰かが呟いた



「K吉さんを(回収するのを)忘れてきた・・・」



あ・・・





以上、都内でマニアックな映画?「シリウス」を見た後のオフ会の話を
少々盛ってみました。

未分類 | コメント:6 |

他人のそらにと思いたい

まだ店を移転する前のこと7~8年前、私は車を運転していた。
すると店から割と近い場所にある整形外科病院の近くを
店のお客さんAさんの娘さんが松葉杖をついて歩いていた。
(右足にギプスをしていた)

お客さんは常連で娘さんも何度か店に来たことがあるので
100%とは言えないが人違いではないと思う。

怪我をしてしまったのか・・・と
ただそう思った。こちらは車だったので特に何も接触するとはなく
その場は過ぎた。

しばらくしてそのお客さんが来店したので
娘さん怪我されたのですか?と聞くとお客さんは「?」という感じで
怪我などしていないよと・・・

あーそうですかでは見間違いですね~と
その話題はすぐに終わり
そのこと自体も忘れていた。
ただ、あれは絶対にAさんの娘さんだったと思うがという疑問は
心の隅にあった。

それから数ヶ月か経った頃(数年ではない)
Aさんの娘さんが仕事中に原付バイクで交通事故にあい
命は取りとめたものの怪我の程度は酷いとAさんが話した。

前に私がしたチンプンな質問などはすっかり忘れていると思う

今でもあの人は誰だったのか?
予知であり、もっと真剣に注意を促した方が良かったのか
しかし普通の老人にトンデモは通用しないだろうし
しつこく言えば縁起でも無いと逆ギレされて
店としては顧客を一人失うことになる・・・

もし、今度そういうことがあったら
もう少し真剣に伝えられそうな人には伝えてみとうと思うが
そういうのはあまり見たくないのが本音。



未分類 | コメント:4 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。