つれづれなるまま

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北海道と飛行機と私

以前も書いたが飛行機には小学校3年生の時に一度乗っただけなので記憶も
あまりない。 雲が下に見えたこと、海の色がハッキリと境界線を持って色が
変わっていること。
そんなもん

大人になって初めて羽田空港へ・・・・・・・

空港にも飛行機にも縁が無かったので
今回、北海道までの往復をしたのは私にとって新鮮だった。

ANAやJALの値段の高さに驚き(夏休みってこともあるでしょうが)
ケチって、行きはエアドゥ、帰りはスカイマークにした。
安い分たくさん、歩きましたが小さな子供がいるわけじゃなし
全然平気です。

さて・・・・・・。
今回、チケットレス。
チケットレスと言っても、ATMのような機械に
予約?確認番号を入力して、チケットが出てくる仕組みでした。

帰って来て欲しくないけど、
息子が帰ってくる時は一人です
なのでこのやり方を息子に見せて教えようとした瞬間・・・・

「母ちゃんトイレ行ってきていい?」
「はぁ!? ふざけんな!これから模範演技を見せるっつ~のに!」
「バスからずっと我慢してたんだよ・・・・・・・・・もう限界」

と言ってトイレのかなたに消えて行ってしまった・・・・・・・・・・・・・・・

チケットを入手しても
空弁を物色してても
息子は帰ってこない

メールする。

早くしろ!!

電話しても出ない・・・・・・

やっとトイレから出てきた息子のわき腹に
正拳一発
「おっせ~~~んだよ!!!
なんで私がお前のウンコ待ちすんだよ!」と怒り・・・・・
これさ。
大袈裟に書いてると思う?
本当なんだよね、周りの他人が引くのが分かるが
そんなの関係無い。

まあ。そんなクソ息子のことなんでどうでもいいんです

ワクワクしながら飛行機へ・・・・・・
ゴゴゴゴゴ~~~~~~~~~~という加速
体にかかるG。
このGが心地よい
気持ちだけは、一人トップガン(笑)

夫に似て三半規管の弱い息子は吐きそうだったが

きゃ~~~浮いた~~~~~~
それよりも驚いたのが
空港のスタッフが手を振ってからお辞儀していること

感動して泣きそうになった(マジで)

仕事をする上で自分は毎日やっていることだけど
お客さまにとったら、数ヶ月に一度のことだったりするので
自分にとっては毎日のことでも、その瞬間を大切にしたいと
思っているので。

確かに何度も飛行機に乗る人はスタッフの手振りやお辞儀は
見慣れたものなのかもしれないが、40にもなって
それを見て感動する奴もいるのだ。

そういう人を見ると
「プロだな~~」と感じるのです。
誰かが見ているからやるのでは無く
誰も見ていなとても、感謝の気持ちを持って
きちんと仕事をするのがプロ。
心からの接客業

まあ。それもいいや(笑)

さて、離陸して左に旋回・・・・・・・・・
わお! 旋回もたまらん!!
面白い!(ジェットコースター好き)

上空から見る景色。

オモチャ箱みたいなものがあった。
なんだアレは????

おお! 
ディズニーランドではないか!!!

すっげ~~~~
すっげ~~~~

と一人感動しまくり。

すると修学旅行で沖縄に行った事のある息子が
「オラさ・・・飛行機ってフワ~~~って浮いてから飛ぶと思ってたんだよね・・・・
沖縄行った時、違うんだ!!!って驚いた・・・・」

・・・・とボソっとつぶやく・・・・・・
そりゃUFOじゃ! アホンダラ!

あいにく行きも帰りも曇りで
ひたすら白い景色だった。

たまに雲に突っ込む時に
衝撃を感じると

「おぅ!!!!」
と結構大きな声で反応してしまい
かなりこっぱずかしかった・・・・・・・・

着陸も楽しかったな~~~~~
ちゃんと止まれなくてハミ出ちゃった例とか無いのかな(ムダ毛じゃあるまいし)

羽田空港の滑走路内で止まれなくて海につっこんだとか・・・・・(チキンレースじゃあるまいし)

離着陸時に羽が微妙に動くのがたまらん!
「おおお~~~~! ガンダムみたい~~」

と羽田=千歳空港の往復を堪能したのだった
晴れていたらもっと叫んでいただろうな・・・・・・・・


そうそう。
北海道のメノーラ麓さんと二人飲みをしました。
メノーラさんを食べるのはやめました・・・・・

だって
だって~~~

ほっけとツブ貝の方が美味かったからです!!

オバちゃんにつきあってくれて
あっざ~~~っす!

もっとたくさん書くことがあるが
明日も早いのでまたの機会に!

明日から、土曜日の夜まで留守にします。
メールの返信は、土曜の夜以降になります


スポンサーサイト
未分類 | コメント:8 |

ばっちゃん

長女が産まれたのが平成元年。
なので母は50歳で事実上おばあちゃんになりました

当然、美と健康をテーマに生きている母は(笑)自分が「おばあちゃん」と
呼ばれることは例え孫でも許せなかったのでしょう
なので呼び名は長女が自発的に呼ぶまで固定されませんでした。

長女が最初に呼んだ祖母の名は「ばっちゃん」でした。
それ以降、家の子供たちは母のことを、ばっちゃんと呼びます。

ばっちゃんは、すんごい大盤振る舞いをしますが
いつものことなので、驚きません。

今回の息子の北海道行きに関しても
私は息子一人で行かせようとしてましたが
それを心配した、ばっちゃんは私に

「あんた達(私達夫婦)は新婚旅行も行ってないんだから
次女連れて観光がてら行って来なさい。
旅費は出してあげるから」

とか平気で言います・・・・・・。
ま。今日は私一人で息子を送りますが

昨日は(本当に最後にしてくれ)北海道に旅立つ息子の
最後の晩餐で皆で寿司を食べに行きました。
勿論、ばっちゃんのおごりです
その後、息子がどうしてもカラオケに行きたいと言うので
行きました(本当に最後にしてくれ)餞として・・・・・

それもばっちゃんのおごりなんですが
ばっちゃんの送迎をした長女夫妻に

「はい。これタクシー代ね」
と言ってはタクシー代の方が安いっちゅ~ねんというほどの
事実上のお小遣いを渡し

「はい。かのん、もうすぐ誕生日だからね」
と言っては小学生には多すぎる金額を渡し

「はい。元ちゃん (牧場クビになった時の帰りの飛行機代として)
おこづかいね」
と・・・・・・・・

とか書いている私は事前に〇十万(旅費として)
いただいているんだけどさ・・・・・・・・・・・・・・・

と、まあこんなばっちゃんなので
子供たちには、小さい頃から

「お前ら! これはお小遣いでは無いぞ!
お前らが働くようになったら、その給料には30%の『ばっちゃん税』が
かかるのだ! だから今までいただいた分を『ばっちゃん税』として
もう働けなくなった、ばっちゃんに毎月納めるのだぞ!」

と言ってあります。(私は介護をします)
いつも言うので子供たちからは
「分かってるよ。ばっちゃん税でしょ」とすっかり刷り込み成功です。

金銭的に裕福な人が若い貧乏世代を支え
高齢化して働けなくなったら、それを若い世代が支える。
そんな感じ

でも例えばっちゃんが大盤振る舞いをしなくても
皆、ばっちゃんが好きです。

なぜなら、ばっちゃんは可愛いからでしょう
昨日もカラオケボックスで老眼鏡を逆さまにかけていて
それを突っ込んだら誰よりもウケてました。
そして「月の砂漠」を歌い
皆をドン引きさせてました(笑)

そして孫達に『え~~~(月の砂漠)知らないの~』
と驚いてました。

婿と息子が赤外線通信をしていたら
「ばっちゃんよりも進んでるね~」
と孫と本気で競ってました(爆)
ばっちゃんは携帯メールもパソコンもできます

息子が歌う、マキシマムザホルモンの曲を聴いて
「これ聞いたことない曲ねぇ~~~」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホルモンを聞いたことある70歳は
日本でばっちゃんだけだと思うよ・・・・・・・

と孫に言われてました。

こんなラブリーなばっちゃんを
皆、愛してやみません
未分類 | コメント:0 |

明日の朝、北海道へ行きます。

私が行きたくて行くわけではなくて、北海道の牧場(馬)に就職するクソ息子を送るだけです。
当初は、息子一人で行かせようと思ってましたが
修学旅行でしか飛行機に乗ったことがありませんので
間違えて北朝鮮に行くかな?とも思いましたが
(周りがうるさいので)
私が一緒に行くことになりました・・・・・・・・・・

ブルーです・・・・・・・・・・・・
めっちゃブルーです・・・・・・・・・・・・・

旅行でもなく
ただ息子を送り届ける作業・・・・・

楽しみが無いとできません。
・・・・・ということでリーディングのお客さまでもある
北海道在住メノーラさんと
プチオフ会を勝手に企画しまして(笑)

明日は北海道泊(千歳空港側)です。

一人でホテルなど泊まったことないので
嫌なんです。

なのでメノーラさんを連れ込もうかとたくらんでいます
大丈夫メノーラさん・・・・・・・・・

怖くないから・・・・・・
怖くないよ・・・・・・・・・・・・・・

うひゃっひゃっひゃ~~~~~~~~~~~~~(壊)


未分類 | コメント:4 |

オフ会

お招きいただきましてありがとうございました^^
いや~オフ会はいつも濃いのですが今回は凄かったです。

人数が多かったので席が遠かった方とは殆どお話できなかったのが
残念ですが、それはそれで超楽しかったです。

ifさんはほぼ想像通りの方でした。
思っていたよりも女性らしい方^^
Oさんのマジ怖い話に涙目になっていたのが
可愛かったです(笑)

M氏・・・・・・
すみません 
野村監督にそっくりとか言ってしまいしたが
訂正、10年前の野村監督でした。
私達のトンデモ電波な話をにこやかに聞いてくださって
ありがとうございました^^

ジュネさん
今は絵画になってますが以前はご自身の写真を掲載されていたので
初対面という感じはしませんでした。
スゴペン実験など色々してくださってありがとうございます~

ジュネさんの付き人さん?
途中、居眠りをしていたのを思わず突っ込んでしまいました・・・・^^
ご無礼をお許しください。

ifさんの計らいによって、私の隣はセニョリータneneさん
想像よりもずっと若くて驚きました~
もう一方は、どんどん直感生活のkanchamaさん
御逢いできると思っていなかったので嬉しかったです。
二人でトンデモ盛り上がっていると
魔女だ~魔女だ~と言われましたが・・・・・・
あなた達もそうですからね(笑)

お向かいは、にこりん夫妻。
実年齢より老けている!とまたもや暴言を吐いてしまってすみません・・・・
頑張って女性ホルモン出してくださいね
プチ二次会にお付き合いいただきましてありがとうございます~^^

その隣にnicoさん、確かに小雪さん似の美人です!
でもそう言うとテレまくっていたのが可愛いです。
(TT)さんも想像通りの方でした(笑)
メールのやりとりの段階からノリがとても良かったので^^

席が遠かったのでお話できなかった
謎の方、ゲルマニア管理人の方々、若~いギャル、amanesuさん
また御逢いできる日を楽しみにしてます^^



ネイチャーパワーに入ると同時に
「しずさん?」と聞いてくれた、S沢さん
大変美味しい料理の数々をありがとうございました。
お店の繁盛を心から祈ります^^

未分類 | コメント:31 |

オフ会序曲(笑)

オフ会・・・・・参加してきました・・・・・・・・・・・・・

それはそれは・・・・

とんこつラーメンに餃子とレバニラをぶっこんだくらい濃いオフ会でした・・・

おまけに帰宅してからは町内会にお祭りで
次女がどうしても行きたいと言っていたので
ラリホ~で参加しました。

町内会のお祭りは、行くのではなくて「参加」なのです。

オフ会に関しては明日書きます

すでにオフ会の様子をUPしているifさんを尊敬します

生ifさんは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ifさんは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここには怖くて書けません!!!!(笑)































未分類 | コメント:0 |

少女漫画

昨日のネタから考えてみました。

一応私も少女だった頃がありましたので
少女漫画を購読してました。

りぼんを買ってました。

当時は漫画家になりたかったのです(笑)
今でも、4コマとかは書きますが最近忙しくて書けません
ブログにUPしたいな~と思いながらもスキャナーが無いので
やってません・・・・・・・。
今は、そんなことより仕事せにゃ~

それはさておき、りぼんの中で一番好きだった漫画が
一条ゆかり先生の『砂の城』

少女漫画と言えないほどドロドロしてます
そして長いです。

「ときめきtonight」の連載が始まった時に、りぼんの購読をやめました・・・・

あとは『悪魔(ディモス)の花嫁』も好きでした(りぼんじゃないけど)
小学生の頃からホラー好きでしたね

高階りょうこさんのホラー漫画が好きでしたね
ドクターGの島とか・・・・

100年に一度、竹の花が咲く
その時には必ず不幸が起こるとか漫画にあって
自宅に竹林があったので
朝起きる度、帰宅する度に
良かった~今日は竹の花が咲いてなくて・・・と安堵したものです。

昔は大きな赤い月がよく見えました。
今はあまり見れませんね

月が赤いと怖いですよ・・・・・・・


そういえば、ベルバラも好きでしたね・・・・・・。
一番好きな巻は本編ではなくて別ストーリー

血塗られた貴婦人エリザベートの話(笑)

自分の美貌を保つため若い娘の生き血を飲んだ?
風呂に入った? その巻が好きでした。

ベルバラ本編でもルイ16世やマリーアントワネットがギロチン刑に
処される時が好きでした。

変態なんでしょうか・・・・
血が好きなのでしょうか・・・・・・(笑)


大人になってから読んだ(娘が買ってきた)少女漫画
赤僕(赤ちゃんと僕)とか、僕地球(僕の地球を守って)、あと花男も読みました
ライフとかも・・・・・。

少女漫画なのに僕、僕、男って・・・・・・・・・・・



未分類 | コメント:2 |

命名。

名前って大事だな~と今になっては思いますが
実は自分たちの子供の名前は、あまり考えずに適当に?命名しました。

父が初孫に浮かれイロイロ候補を考えては提示してきましたが
ことごとく全却下しました。
これは本当に酷かった(ヤイとか、ヤエとかあるんですよ!)


長女の名前は夫が命名。
最初は「鮎桂(あゆか)」と言ってたのですが
女の子の名前に魚ヘンってどうよ!と却下


結果、古風でいてさりげなくてお洒落という理由で かすみと命名
漢字は少しだけ変わっていて 「か・すみ」と配分されています。

長男はマジで「清志郎」とする予定でした(夫婦同意で)

しか~~~し。
超親不孝息子は死にかけで産まれてきたので
即効、NICUのある大学病院へ緊急搬送され
入院するにあたり、もう胎児ではないので
名前をつけて親の健康保険に入れる必要があると言われ・・・・

かつ、大学病院につくまでに死亡するかもしれないと言われ
今、死ぬかもしれない子供の名前なんて考え付かなかったので

夫、母、舅で、元気と命名。
すご~く単純な理由

次女は私が大好きな曲、カノンをそのまま命名。

漢字にしようかと思ったが、どうやっても当て字なので、ひらがな。
書くのが簡単でふり仮名もいらないので超簡単!

親っつ~ものになると、子供の名前を数万回(笑)
書かなくてはならないので画数の多い字だと大変なのだ!

夫の名は真っ直ぐに育つ樹のようにという意味(わかりやすい!)

私の名は祖父がつけました。
海を帆を張った船が静かに進んでゆくイメージだと言ってました。

名前変わってるね~
と言われますが、変は褒め言葉だと思っているのでOKです
でも子供の頃は、もっと可愛い名前が良かったと思いましたよ・・・・

そう。
リサ! リサ可愛い(笑)
ユミとか二文字の名前に憧れました。

PANDORA内 リンク3にあるDONネームを拝見した時、命名は責任重大だな~と思いましたが、あまり力みすぎない方が良いのかもしれませんね・・・・。



未分類 | コメント:9 |

妻を大事にしないと・・・

ただボケっとラーメン食べているわけじゃないです
人間観察大好きなので^^


近所のラーメン屋の話

今は移転してしまって近所では無いが、あるラーメン屋さんがあった。

夫婦二人でやっていた。
子供はいない。

近所だったので食べに行ったり、出前をとったりしていた。
家の子供たちが小さい頃は、とても可愛がってくれて
行くと必ず子供に、うまい棒をくれる(笑)

そんな、優しくて愛想の良いオジちゃん(現在70代?)とオバちゃんなんだが
オジちゃんの、オバちゃんに対する態度は酷かった。
やる事が遅いとか、順番が違うとか、何かにつけて文句を言っていた。

夫婦二人で朝から晩まで一緒なんて冗談じゃないと思った。
人件費のかからないパートくらいに思っているのだろうか・・・・

ある日、出前を頼んだが1時間経ってもこないので電話をすると
「後で説明するから!もう少し待って」と言われ、更に一時間後くらいに
オジちゃんが出前を持ってきた。

何でもオバちゃんが入院してしまったそうだ。
私もお見舞いに行ったが、その後オバちゃんは何度か同じ病気で入院した。

その度にオジちゃんは一人で大変な思いをして
店を切り盛りせねばならなくなった。
それはそれは大変そうだった・・・・・

いつも側で支えているオバちゃんに感謝できないどころか
ノロマだの何だの罵声を浴びせたバチが当たり
嫌でもオバちゃんの存在を大切に思うようになる体験をした。

その後、オバちゃんは股関節の手術をして
今は、少し足は引きずるけど、痛みは無いそうだ。

それらの出来事で考えを改めたオジちゃんは
将来のことを考えて、店の移転&新築や、自分が働けなくなった時のことや
自分が死んだ後のオバちゃんのことなどを考えるようになった。
今も現役で働いているが歳のせいか味が酷くなっているのが悲しい・・・・


もう一例

やはり近所のラーメン店
夫婦で切り盛り
子供二人

この店の店主も奥さんに対しての態度が酷かった
そういうのが思いっきり顔に出ていた。
奥さんは、だいぶ年上に見えた
夫にとても気を使っている印象(上の子は連れ子?)

その店は閉めてしまった。
繁盛していたので閉めた理由は分からないが
繁盛店を閉めるのは健康的理由が一番考えられる原因ではないかと思う

閉めて引っ越してしまったようだが
建物は今もそのままだ。




もう一例。

店主が夫の知り合いのラーメン屋
店主は30代、やはり妻が手伝っていた。
子供はいない。

この店主も同様、妻に対してボロクソに言っていた。
客商売だから客に対しては愛想がいいが
カウンター内で、超機嫌が悪い店主を目の前に客も困ってしまう

そんな風に言い方をされて、良く手伝ってるなと思った。

夫婦で店をやっているから、ハケ口が妻しかないのかもしれないが
吐き出される方はたまったもんじゃない・・・・。

ある日、奥さんが、とても綺麗にネイルアートをしていた。
水仕事なのに、やっぱりやってみたいんだね。若いしね~と可愛いなと思った。

次に行った時、その綺麗なネイルアートは無残なことになっていた
おそらくジェルだったのだろう。
爪先のジェル部分は中途半端に剥がれて爪がガジガジになっていた。

そうだよね・・・水仕事だもん・・・当然そうなるわな・・・・・
奥さんとしたら、一度やってみたかったのだろうね

それからそのラーメン店で奥さんの姿を見なくなった。

ああ。 出て行ったのだな・・・・と思った。
しばらく経ってから、店主に奥さん手伝ってくれないの?
とワザとらしく聞いてみると

「離婚されちゃいました・・・」

まあ。こちらは若いので、やり直しがききます。
店主も新しい彼女が出来たみたいです
前の奥さんと似た感じです。

その店主も反省したのか今の彼女(結婚したかは不明)に対しては
やさしい口調で接しています。(少しは学んだようです・・・)

まあ、この店は味がいいので人気店です。



日々、自分の側で常にサポートしている人は誰なのでしょう?
そういう人に対し感謝どころかボロクソに言うようなことをしていると
そういう目に合うということの分かりやすい例です。

舅もそうです。
自分の妻である母のことを一切信用しません
母が父を思い、色んな助言をしても一切聞きません

「何にも知らないお前が言うことなど信用できるか!」
って感じ。

3度の手術をして胃の殆どを摘出し入退院を繰り返し今も抗癌剤を飲んでいる父

週に3度のジム通い、インディアカにエアロビ、スイミング、風邪もひかない超健康体の母

一目瞭然なのですが、母が掃除や買い物をしても父は母に文句は言えど感謝なんぞまったくしてません。
自分がこうなったのは、母のせいだ! だからもっと金をよこせ!という態度。
そうやっていつも全てを母のせいにして怒ってます。

だから癌になるんだけどなぁ・・・・・
一生わからないのかなぁ・・・・・・・・




未分類 | コメント:8 |

ニューカード

昨日はオフ会に参加してそのまま世田谷へ移動して二件目へ・・・・

犬も入店OKのお店で隣の席にはワンちゃんとご夫婦が座ってました。
ワンコがきっかけだったと思うが(酔っ払い)その方たちとお話をしてましたら
何故か分からないけど、そのご夫婦のご主人が私達の飲み代(5人分)を
払ってくれました(驚!)

さすが世田谷・・・・セレブ(笑)

その後、高級マンション千明邸になだれ込み
そのまま超広いリビングの床(絨毯張り)で皆で雑魚寝・・・・・
これほど寝心地の良い床は初めてです

さすが世田谷・・・・床までセレブ~~~

都会だけど緑が一杯。

夫がサラリーマン時代
世田谷区担当だったのでよく「俺は成功して成城に住むぞ~!」
とかホザイテましたが・・・確かに環境は良いです。


それはさて置き
欲しいな~~~と思っていたがMWさんがやっているので^^
まあ、いいか・・・と思っていたヴィジョンクエストカードをいただきました。

千明さん
ありがとう!!!


未分類 | コメント:12 |

それぞれの時間

昨日から次女が友人宅に泊まっていて
息子もいないので(なぜいないかは後日・・・)

お仕事が捗りました^^

やはり一人で集中する時間があるといいですね。

我が家はいつも誰かがいるので・・・・・

まあ。
これも言い訳ですね~ん

昨日、久しぶりに次女の保育園時代からの母友と話しました。
学区が違うし、子供もそれぞれ習い事などで忙しくなり
なかなか会えなくなったのです。

5時間ほどベラベラ喋って
私もよく喋るわな~!
と言うと友人がTJ家では家での出来事の100倍のことが
日々起こっている・・・・・と言われました。

友人(教員)は子供一人で新築した豪邸には母子。
パパは単身赴任中。
とっても静かに暮らしてます。

この私の貧乏性がそうさせるのか?
己のキャパ以上のことをしようとしているのか?

まあ・・・・
好きでやっていることですからいいんです。

暇だとボケそうだし(笑)




未分類 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。